« 花をいけよう!①(体に効く!) | トップページ | 花をいけよう!③(魂に効く!) »

2005年7月20日 (水)

花をいけよう!②(心に効く!)

050626_13210001 ジュエリーの製作をするようになって、自然の美の凄まじさを思い知らされるようになりました。それまでは『きれい!』と思っていた景色も花も何もかも、『すごい!』という感じ方に変わったのです。
その色合いといい、フォルムといい、人間の才能なんて及びもつかない美がそこにはあります。それも『どうだ!見てみて!』というのではなく、さりげなく静かに・・・。
そんな自然のすごさをいつも身近に感じて、製作意欲に反映させられるように家の中に花をいけているのかもしれません。だからわたしにとっては花をいけて癒されるというよりは、心を奮い立たせられるという感覚のほうが近いかもしれません。自然の美のように、そこにあるだけで心を振るわす作品を作るために、胸を借りるつもりで花達に『ライバル』になってもらっています。

« 花をいけよう!①(体に効く!) | トップページ | 花をいけよう!③(魂に効く!) »

コメント

ぢゅんさん、こんばんは! いつもコメントありがとうございます。
そうですよねぇ、花の色って時々 『どうしてこんな色がだせるんだろう』 って思ってしまうような美しい色のものがありますよね。それをつくり出している自然にはどんな秘密が隠されているんだろう・・・なんて。

人間も自然に生かされている動物の一部なのだから、人間が自然を壊す事をしてはいけないと改めて思います。
新しいものを生み出すのはかなりの苦労があることと思います。あまり無理せず、頑張ってくださいね。

こんにちは。
わかる!きれいよりもすごい!そうだよね!

私は花をいけることはあまりないのだけれど、うちのリビングからの景色は山と木々なので、日々「すごい」です。
ごはんを食べながら「すごい」、家事をしながら「すごい」、制作中も「すごい」…そのまま気づけば何時間もたっていた!?なんてざらです。

決して積極的に向かってくることのない相手なのに、圧倒され打ちのめされて、でもあたたかくて。私にとってはライバルよりも師匠かなぁ。
越えたくても越えられない、ならばせめても近づきたい…そう思うと、この師匠からは一生ひとり立ちできないんだけどね(笑)

ちゃこさん、こんにちは!
北海道に来て、余計に自然のすごさを身近に感じています。そして自然の寛容さにひれ伏してしまいそうになります。
『人間も自然に生かされている』、ほんとにそのとおりなのに、いつのまにかコントロールしている気でいますよね。
地球を傷つけることもそうですが、人間同士で傷つけ合っている人たちに『自然を見て!』と言いたいです。

いとちゃん、コメントありがとうございます!
自然を慈しんで、自然から学ぼうとする気持ちはいとちゃんの作品にしっかり込められていますよね。
人間の都合や美意識だけで作品作りをしていたら、あんなに心を打つものはできないと思います。
わたしたちの視線の先には常に『自然への感謝』が見えているように、そして作品を手にした人に伝わっていくようにしたいよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/5068651

この記事へのトラックバック一覧です: 花をいけよう!②(心に効く!):

« 花をいけよう!①(体に効く!) | トップページ | 花をいけよう!③(魂に効く!) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ