« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

仕事をしよう!③(魂に効く!)

わたしの尊敬している人たちは、みんな自分の『仕事』を真摯な態度で全うしている人たちです。ある人はセラピストとして、ある人は医師として、ある人は母として。そして誰もがキラキラと輝いています。そこには、お金をいっぱい得るとか、出世するとかとは違う、『自分の道を全うしている人の強さ』があります。
わたしもそんな人になりたい。わたしには何があるんだろう?この道で、この生き方であっているんだろうか?この先にわたしの使命があるのだろうか?そんなことを毎日考える日々もありました。そんな模索の日々の中、わたしに大きな生きるヒントをくれたのが前世療法でした。自分の過去からのメッセージを受け取ったとき、自分の道の大筋が見えた気がしました。
そしていま、その道を一歩ずつ歩いています。人と話すこと、ジュエリーを作ること、健康に暮らすこと、人を愛すること、ブログを書くことも、HPを運営することも、みんなみんなわたしの『使命=仕事』に繋がることだと思っています。
この世に生を受けるというのは科学的に見ても、運命論的に見ても、大変な確率です。それが偶然のはずがない!とわたしは思います。『あなたがそこにいるだけで』きっと大きな影響を周りに与えています。あなたが行動しキラキラしたとき、そのキラキラが伝染し、周りの人たちも輝きだす、これがあなたの使命であり、『仕事』なんだと思います。

わたしの前世の物語のひとつをジュエリーで表現しました。お時間ある方はぜひ、見てみてください。感想を頂けるとなお、うれしいです!
http://homepage3.nifty.com/happy-drops/shizuku/2005tenji-monogatari.htm

2005年9月27日 (火)

仕事をしよう②(心に効く!)

このブログをお読みの方はそろそろお気づきかとは思いますが、わたしはとっても男らしいようで、大学時代の友人達にも『男組リーダー』と呼ばれていました(笑)。自分ではそこまでは思っていないのですが、持ち物や服装に興味があまりなかったり、お化粧品は口紅すら持っていなかったり(リップで済ませます!)するところを考えるとやはり男らしいのかな?と思います。ましてジュエリーなぞまったく興味がなかった!それがなぜ、ジュエリー作家の道を歩んでいるか、不思議です。
ジュエリーを作るようになったのは、5年前右肘の手術をして、肘が思うように動かなくなってからでした。『え?動かなくなったのに製作活動?』と思うでしょ?この『右肘』というのがミソなのです。わたしは以前まで何でも左脳で考える計画、計算人間でした。その辺からも男気が育っていったのかもしれません。右手をかばう様に左手を使い始めると、なんと右脳が活発に動くようになってきました!感性や芸術を司る脳がメキメキと本領発揮し始めたのです。それは、わたしの新しい一面が現れてきた瞬間でした。だから一見、失敗に見えた右肘の手術も、今となってはわたしを成り立たせる要素になってくれたわけです。
あ、なんだかここまでは『体に効く!』の分野ですね。では『心に効く!』の分野に突入します。ジュエリー作家をしていながら、わたしはジュエリーを身につけません。というよりつけられません。リウマチであちこち関節に痛みがあるため、イヤリングするのに耳に手が届きません。ネックレスのクラスプを留めるのに首の後ろに手がまわりません。リングをするのに指の節だけ腫れているので、リングが通りませんなどなど。自分の意思で『しない』のと、『できない』のとではやはりちょっと気持ちが違いますよね。ちょっとだけ、悲しいかな。そんな気持ちを埋めているのが、『作り手になる』という選択だったかもしれません。
わたしが手術後、ネックレスができなくなったとき、夫がネックレスを買ってきたことがありました。嫌がらせか!?と一瞬思ったのですが、『僕がやればいいんでしょ!』と夫は不器用ながらネックレスと留めてくれたことがありました。そのときに、『できないことから遠ざかるのではなくて、立場を変えたり、方法を変えたりすれば関わっていけるのかもしれない』と思ったのでした。それにユニバーサルデザインに関して深く追求できるのも、わたしの立場ならではですし!
だからわたしはいま、ジュエリーをご依頼主さんにお渡しするときが何よりうれしいです。受け取られた方の笑顔や言葉に出会うことで、わたしは心を満たしてもらっています。もしいま、体調や環境などの制限で『仕事はできない』と思っていらっしゃる方がいたら、それこそ見方を変化させるチャンスかもしれません。

2005年9月24日 (土)

仕事をしよう!①(体に効く!)

私が19歳で関節リウマチと診断されたとき、医師に『大学も、就職も、結婚も、出産も、長生きしたいならやめたほうがいいね。』と言われました。そのとき、一番ショックだったのが『仕事ができない』ということでした。大学は好きな勉強に没頭しているわけではなかったし、結婚は性に合わないと思っていたし、子どもは苦手だったし。だから病気を告げられる前から、わたしは仕事に生きる人生だと思って生きていました。
なのに・・・。これまで感じてきた、社会に何かしら自分の才能や力や存在のもつエネルギーを還元したいという思いが打ち砕かれた瞬間でした。こっぱみじんに打ち砕かれたら、かえって闘志が沸き、何に対しての怒りだかわかりませんが、『そこまでいうなら、全部やってやる!』とこぶしをふりあげていました。
あれから13年、大学も卒業し、就職もし、結婚もし、そしていま、自分が心から打ち込める仕事をやっています。わたしがもしあのとき、少しでもあきらめて妥協して、未来の自分を信じられなくなっていたら、今のわたしはなかったのだと思います。あのときのわたしを立ち上がらせたもの、それは自分の存在を世に残したいという思いだったように思います。それは『だれかの為になる』ということでした。
題名にある『仕事』とはお金という報酬を得るものだけをさしているのではないのです。『その人がその人の本分を全うすること』を意味しています。病気だからできなくなることは、いっぱいあります。でも、その人だからできることもまたいっぱいあるのです。それに気付けて行動できたら、体は答えてくれます。

2005年9月20日 (火)

ピカイチれすとらん⑤『レストラン プロヴァンサルキムラ』

またまたキムラシェフのお店に行ってきました!
また食べ物の話?と言わずに読んでくださいね!

今回はわたしの新しい治療法の説明を受けに母が来てくれたので、その前夜祭で行ってきました。ずっと前から楽しみにしていた秋限定の『野菜づくしコース』!!
そのボリュームたるや!!!野菜だけでお腹も心も満腹になったのは初めての体験でした。
野菜だけで計6品。はじめて見る野菜のおもしろさや、無農薬のおいしさはもちろん、シェフの豊かな発想で彩られたお皿が次々と運ばれてきたのは感動でした。メインのオーブン焼きは塩で食べるか、コンソメスープに浸して食べるか、といったおもしろいさ!

わたしが一番、胸にググッとキタのは、数種のお豆のスープに添えられたバジルソース!バジルは今まで苦手だったのですが、M子さんにお皿を下げて頂くときに、『これだけは置いておいて!』と懇願してしまいました(笑)。その後は、パンにつけてモグモグ、あー思い出してもおいしいです!
母が感激していたのは、メインの野菜オーブン焼きの中のセロリ!この香りには心が洗われるようでした。
夫が気に入っていたのは、オーブン焼きにされたビーツ!真っ赤でジューシー、しかも大地の味がたまりません!

野菜は大地のエネルギーがそのまま伝わっている食べ物です。だから、その環境の“気”も、育てる過程で関わる人の“気”も全部吸っています。そしてそれをテーブルにのせるまでを演出するキムラご夫妻の“気”、その心地よい気をたっぷり頂いてきました。

キムラシェフのブログに写真付きでメニュー出ています!(9月19日更新分)
http://provencalkimura.ameblo.jp/

2005年9月17日 (土)

ピカイチれすとらん④『カエルヤ珈琲店』

050917_14520001 うちは札幌市近代美術館のそばにあるのですが、そのお向かいには『カエルヤ珈琲店』さんという喫茶店があります。入り口の雰囲気がなんとも趣きがあって一目で好きになり、その後は夫との休日散歩の途中や、美術館に行った帰り、そして病院の帰りのご褒美にと、ちょくちょくお邪魔しています。
本日、思い切って『ご紹介させてもらってもいいですか?』とお聞きしたところ、快諾していただいたので、みなさんにお知らせします!最初に言ったときはまだマクロビをはじめていなかった頃なので、その名のとおり、珈琲のおいしさに惹かれて行っていました。いまは、もっぱらチャイを頂いています。スパイスたっぷりで体が温まり、心も温まり・・・。喫茶店はわたしにはずっとなくてはならない場所でした。札幌で歩いていける範囲でこんな素敵な隠れ家がみつかってとってもうれしいです!みなさんがもし、札幌にいらっしゃったときはぜひお連れしたい場所のひとつです。
050917_14520002
お店の入り口でも、カエルさんがお出迎えしてくれます。一歩、店内に入るとカエルグッズがいっぱいです。カエルがお好きなかたにはもちろんですが、そうでないかたもゆったりとくつろげる雰囲気ですよ。わたし的には、メニューのデザイン画にとても惹かれています。趣味のいい雑誌なども置いてあるので、一人の時間をゆっくり過ごしたい方におすすめです。

2005年9月16日 (金)

ピカイチれすとらん③『チャヤマクロビオティックレストラン新宿店』

今回の東京行きで楽しみにしていた『チャヤ新宿店』に行って来ました。展示会の前夜祭として友人と母と4人で4種類あるディナーコースをシェアして、全種類食べました!何が感動したかって、それはもう、玄米ご飯のおいしさ!プロが炊くとあんなにもやわらかく、つやっぽく、味わい深く炊けるものなのですねー。
オードブルからデザートまで、ほんとにマクロビですか?ってくらい色鮮やかで、変化にとんだ味わいが並びました。デザートはみんな目が点になるくらい、ほんとにマクロビですか?(二回目!)という感じで、飽きるどころか、一気に食べ尽くしてしまいました。刺激を受けた夕食となりました。

でも、もっともっと、刺激を受けたのは、『マクロビ・パパの奮闘記』http://blog.livedoor.jp/vegetus/
の管理人でいらっしゃるmacrobi papaさんとお会いできたことでした!お忙しいからと思ったのですが、フロアーの方がこころよくお呼び下さり、少しだけお話させていただくことができました。パパさん、キッラキラのポジティブオーラが全身から溢れ出している様な方でした。パパさんの周りがすがすがしい、清涼感溢れる空気に包まれていました。
正直、お店の対応はちょっとあれっと思うこともあったのです。でも、パパさんがいる限り、きっとこれから最高のお店へと変わっていくことだと思います。
やはり自分のやるべきこと、進むべき道を歩んでいる人の輝きは違うなあと心底、感激しました。わたしももっともっと、自分を磨いていきたいと改めておもいました。
パパさん、お忙しい中、本当にありがとうございました!パパさんの作ってくださったお料理からパワーを頂きました。今後ともブログを通して、勉強させていただきますので、どうぞよろしくお願いします!

2005年9月13日 (火)

感謝

昨年の11月、薬によるショック症状で危篤の状態になり、一ヶ月の入院、その後の3ヶ月は実家で静養時期を過ごしました。血圧を安定させるのも、排尿も、栄養摂取もすべて自分の力では出来ない状態から、徐々に徐々に回復し、一年も経たないうちに日常を取り戻すことが出来ました。この間、わたしの心の中にあったのは『あきらめない気持ち』と『感謝の気持ち』でした。その想いが健康とご縁を猛スピードで引き寄せてくれたのだと思います。

展示会が終わってみて改めて、あの状態から一年も経たずにこんな大きな仕事が出来たことに言葉では言い尽くせない感謝の気持ちを感じています。この結果は家族、そして思いを届けてくださったみなさんが起こしてくれたものだと思っています。

どんなときでも大きなサポートをしてくださったルクシオン早坂先生、パートナーのKちゃん、わたしのジュエリーを待ってて下さったクライアントのみなさま、お時間作ってご来場くださったみなさま、ブログで応援してくださったみなさま、友人として大きな支えになってくれたみんな、わたしにパワーを与え続けてくれた石達、地球上の全ての命に心から感謝の気持ちを送ります。

この三日間はわたしにとって人生の大きな転機になりました。ジュエリー作家としての大きなチャンスと、人としての多くのメッセージを頂いた3日間でした。この経験を何一つ無駄にしないように、そして社会に還元していけるように、これからも精進していきたいと思います。

最後に、わたしの体・心・魂の状態を、いつも全力で丸ごと受け止めてくれている家族に、心からありがとう!!

2005年9月12日 (月)

祭りのあと

未だ興奮が冷めない状態ですが、本番が終了し、帰路についています。
この三日間が迎えられたこと、そしてこの三日間でもらった大きなチャンスや、多くのメッセージをひとつひとつ噛み締めながら、帰ります。
みなさんの熱い応援にひたすら感謝して。
羽田空港にて050912_16490001.jpg

2005年9月11日 (日)

みなさん、

みなさん、選挙はおすみになりましたか?

こちらも最終日、お天気に恵まれました!
最後の1日、大切に過ごしてきます!
みなさんもよい休日をお過ごし下さい!050911_13290001.jpg

2005年9月 9日 (金)

展示会、始まりました!

みなさんの多くのサポートのおかげで、無事にスタート致しました!
ありがとうございます!
今日から三日間、素敵な出会いを大切にし、みなさんから頂いたパワーを、広く伝えていけるよう全力を尽くします!
お近くの方は会場にてお待ちしております!050909_12250001.jpg

2005年9月 8日 (木)

行ってきます!

所々、雲間に青空が見えてきました。
ほぼ予定通り、飛行機が飛んでくれそうです。
みなさん、本当にありがとう!
感謝です!
新千歳空港にて050908_11360001.jpg

2005年9月 7日 (水)

台風14号北海道へ

そろそろ、台風14号が北海道にかかってきました。ハリケーン、台風、地震、事故、事件、病気・・・生きていくということは本当に大変なことです。明日が来るのは当たり前のことではなく、感謝すべきことなのだといつも思える自分でありたいです。

明日から東京出張してきます。
その間、できれば携帯から投稿したいと思っています。
みなさまも健やかな週末になりますように。

2005年9月 3日 (土)

マクロビ日記⑭『やさしいお豆腐』

先日、テレビでおしゃれなお豆腐屋さん『福井MARUYAMA』が出来たという紹介がありました。お豆腐といえばマクロビオティックでは欠かせない素材ですよね。でも、わたしは真っ白なやわらかい『味のない』お豆腐が、なんだかあんまり好きではありませんでした。
でも、違ったんですねー!ほんとのお豆腐は『味がない』なんてことはなかった!スーパーでもおいしそうなのを選んでいたつもりだったんですが、大豆の味がこんなに甘く感じられた豆腐はやはりお豆腐屋さんで買うしか、味わえなかったのですね。
050903_17080001
こちらの豆腐は札幌大豆を使用し、消泡剤も使わず仕上げてあるとのことでした。今日は絹を買ったのですが、とろっとろなやさしい味にこれからはまりそうです。
それにしてもケーキ屋さんのような外観でしょ?このあたりはおしゃれなお店も多いんです。
今日は自転車も買ったし、次回はサイクリングのついでに寄れるかな?
『福井MARUYAMA』http://www.e-tohfu.co.jp/

DSC03631※わたしは思わず、かつお節としょうがをのせて食べてしまいましたが、夫は納豆・ネギ・みょうがを混ぜたものをのせて、大豆ON大豆(笑)!で食べていました。夫のほうがマクロビアンかも。

2005年9月 2日 (金)

ピカイチれすとらん②『レストランプロヴァンサルキムラ2』

来週、ジュエリーの展示会で東京に行ってきます。
その前に今回のため魂込めて作った作品20点を部屋に飾り、友達に見てもらいました(Tさんありがとう!)。
目の前の光景に感無量ですが、本番はこれから!ガンバります!お時間ある方はぜひ遊びに来て下さい。
詳しくはこちらをご覧下さい!
http://homepage3.nifty.com/happy-drops/shizuku/service.htm

ミニミニ展示会のあと、ランチでまたまたKシェフのお店におじゃましました!
今日のわたしのピカイチ料理は有機かぼちゃの冷製スープ!
先日、ご紹介した糸かぼちゃ(そうめんかぼちゃ)が添えてありました!
こんなに早く願いが叶うなんて!想像以上のシャキシャキ感とみずみずしい味が甘いポタージュと絶妙なコンビネーションでした!
すずきのポワレに添えられた野菜はどれも濃厚な風味!中でも、黄色の人参は初めてでした!
今月から野菜のコースが始まるそうです。楽しみです!050902_15470001.jpg
会場で作品ともどもお待ちしています!

2005年9月 1日 (木)

空を見よう!③(魂に効く!)

CIMG2843 この写真は飛行機に乗ったとき、雲の上を撮った写真です。曇って上から見るとまさに純白!きらきらと光るような白でした。
この景色をみて思ったんです。何かが違うって。もちろん雲を上から見ること自体あまりないことなので、その感動もあるのでしょうが、エネルギー自体が違うように思ったのです。
地上にいるときは、人間が作った様々な人工物が目に飛び込んできて、それが当たり前になっています。ビルも道もない景色を見て、心がとても安らぎ、落ち着くのを感じました。本来の地球の姿を見た気がしました。
実際の生活では、食べ物も道具も住処も何かを手に入れることが安定であったり、安心であったりします。けれど、何もかもそぎ落としたところに、それでもなお自分の存在が感じられるという状況が、本当の安らぎを与えてくれるのじゃないか、そんな気がしました。
何かを失っても、あなた自身は輝きながら、そこに確かに存在します。そのことを忘れないで下さい。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ