« ピカイチれすとらん⑥『翠苑』 | トップページ | 料理をしよう!①『体に効く!』 »

2005年10月 8日 (土)

免疫力UPクッキング①『ラムしゃぶ』

lamb1 ここ半年の血液検査の結果で、食が体にもたらす効果がどれほど大きいかということがしっかりと見えはじめてきました。いま、ステロイドを減らし、最終的にゼロにするあらゆる方法をとっているのですが、食べるものもその一つです。
今日からはじめる『免疫力UPクッキング』のカテゴリーでは、ステロイドを飲んでいる人が陥りやすい体の状態に着目し、体が本来持っている自然治癒力を高めるための料理を紹介しようと思います。
『マクロビ日記』と分けたのは、マクロビでは使わない食材を紹介することがあるからです。(あ、今日の写真を見れば、バレバレですね)
わたしにとってマクロビは心の視野を広げるためにとっても必要なものです。これからも勉強していきたいし、生活に取り入れていきたい考え方のひとつです。そして、いま、体の声を聞いて必要な栄養を取り入れるのがこちらの『免疫力UPクッキング』のカテゴリーで紹介する料理です。
人それぞれ生活環境や体調や好みが違います。自分の心と体の声を聞きながら、日々のメニューを決めるのに、ひとつでも選択肢を増やせるといいなと思っています。

それでは、今日のメニュー『ラムしゃぶ』のご紹介です。札幌はジンギスカンの街!こちらにきて焼肉といえばラム肉をさします。スーパーに行っても羊肉の販売スペースは豚・牛・鶏とほぼ同じ面積をしめています。札幌に来なければ、きっとここまで親しくはならなかった食材だと思います。そして冬のラム肉といえばラムしゃぶ!と、病院のリハビリの先生に教えてもらいました。
ではリハビリの先生が『絶対守れ!』といった(笑)ラムしゃぶの手順をご紹介します。
<用意する食材>しゃぶしゃぶ用ラム肉、にら、ねぎ、きのこ類、水菜
<作り方>1.鍋に水とコンソメをひとかけら入れてベースを作ります。
     2.まずはニラだけ鍋に入れ、ラムをしゃぶしゃぶしながら、ニラと合わせてたっぷり食べます。
     3.なべにラム肉の油が浮いてきたところで、きのこ、ネギを投入!オイルが絡まり、なんとも言えないコクが味わえます。
     4.最後に水菜をパーッと離し、口の中をさっぱりさせて終了!
      (お好みで麺をいれても。そのときはぜひきしめんをということでした)
lamb2
ラム肉は体を温める筆頭食材です。寒い北海道に暮らす人たちにとって牛より豚より身近なのもうなずけます。またL-カルニチンという成分があり、脂肪の代謝を高めてくれます。
自律神経を刺激する硫化アリルがあるニラをたっぷりとれるのもこの鍋のすぐれた点です。

ステロイドや消炎鎮痛剤を飲んでいる人は体が冷えてしまいます。その上、寒さを感じる季節になってきましたね。冷えは万病の元、体の中から暖めるのにおすすめのメニューです!

  

« ピカイチれすとらん⑥『翠苑』 | トップページ | 料理をしよう!①『体に効く!』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/6309184

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫力UPクッキング①『ラムしゃぶ』:

» 2005/11/24に食べたもの =しゃぶしゃぶ 他= [秋田食べ日記 =第2章=]
朝:ダブルチーズ [続きを読む]

« ピカイチれすとらん⑥『翠苑』 | トップページ | 料理をしよう!①『体に効く!』 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ