« 山形の風景2 | トップページ | 山形の風景4 »

2005年11月15日 (火)

山形の風景3

11 夫の実家に帰ると料理は私の役目になります。『食料大臣』に任命され、買い物も献立も好きなように任されていています。
台所に入り置いてある鍋の中身をチェックするとありました!わたしの大好きなアレが!
それは写真の『イチジク煮』です。

福岡出身のわたしはイチジクは生でしか食べたことがなく、はじめて山形でお義母さんのイチジク煮を食べたとき、カルチャーショックを受けたのを覚えています。
暖かい土地でいつもなんらかの食べ物がある場所での食べ方と、寒い土地で保存食としての食べ方。同じ食材でも見方が違うのだなと思いました。

~作り方~
1.生のイチジクは小さくて硬いうちに収穫します。(東北で売っているものはこの大きさのものが多く、九州で売っているものは大きく熟れたものが多いです)
2.鍋にきれいに並べます(二段に重ねても可)
3.50個くらいに対し、お湯のみ一杯分の酢を入れます。
4.砂糖は1個に対し8gほどの計算になります。(50個作る場合は50×8=400g)
5.強火で煮てひと煮たちさせたら、あとは弱火で3~4時間煮ます。
6.液がアメ色トロトロになったらできあがり!

冷ましてから冷蔵庫に入れると半年以上持ちます。生のイチジクが出回る夏の終わりから秋の初めにかけて作り、お茶請けやエネルギー補給に食べるそうです。
甘いものは控えているのですが、このおばあちゃんから伝わってきた味は受け継ごうかなと思っています。
今年はもうイチジクの季節が終わってしまったので、来年、黒砂糖でやってみようかなと思っています。

※ちなみに陶器は夫の新作です。

« 山形の風景2 | トップページ | 山形の風景4 »

コメント

こんにちは◎
山形滞在の日々は充実していそうだね◎

これ見たら、よだれだらだらだよ~!
私も大好き♪イチジク煮♪
・・・といっても今年初めて食べたの。近所のおばちゃんが「かせ(食べて)」ってくれて。
感動的だった(T◇T)

このおばちゃんも、酢で煮るって言ってたから、何だ???って思ってたけど、
こういう風に作るんだねぇ~、へぇ~(^^)

黒砂糖煮も良さそうだね。
私なら、はちみつかな~って思ったんだけど、どうかな~?

あ、さっきの続きです!(書き忘れた!)

ダンナさん、陶芸続けてるんだ♪
写真からみるこの感じ、
あたたかいフォルムとごつごつ感が、ダンナさんご本人を思い出します(^^)
お元気ですか~?

いとちゃん、こんにちは!
ひしひしと寒さ感じるようになってきたよねー。

いやほんと、東北の人は食べ物に手をかけてわたしたちの考え付かないようなものに変身させてるよね。
感動的です。
自分でやってできるかどうか!?これから何十年かけて自分の味にしていくんだろうね。
酢で煮ていることで、あの甘いんだけど後味さわやかな感じになるんだね。わたしも今回はじめて知りました。
蜂蜜もいいなと思ったんだけど、アーユルヴェーダでは蜂蜜に火を通すのは厳禁だと知ってからは暖めるときにはメープルシロップにしています。

陶芸に目をつけてくれてありがとう!
夫ちゃんは元気にしてるよー!
なんだかどんどんオブジェチックなものが増えて(実用的でないもの!?)家の中にあふれてきています(笑)。
いとちゃんによろしくと言っています!

はちみつ!
・・・あ、そうだったよね!
・・・同じとこでコラム書かせてもらってるのに、忘れてた(^^;)
ありがとう。

ダンナさん作の陶器、ちょくちょく登場させて!みせてね☆

いとちゃんへ

陶器、どんどんできているので、また発表させてもらいます!
感想ありがとうねー!

ぢゅんさん、いとさん(初めまして♪)、みなさま、こんばんは~

ちょっとご無沙汰してしまいました、ぢゅんさんごめんなさい!!
前回、違う場所にコメント送信してしまい・・・色々煩わせて申し訳ありませんでした。
直ぐにお詫びと、削除して頂いたお礼に伺えず大変失礼しました。
どうぞ、お許し下さいませ!m(__)m

もしかしたら、、私は、イチジクって生で食べたこともないかもしれません。。
でも、このイチジク煮美味しそうですねぇ♪(^^)
ぢゅんさん、エネルギー補給に、寒い場所に住んでられる方たちが、昔から食しているものに悪いモノはないかもしれませんよ。
何でも「悪いかも・・・」と思って食べると、ホント体に悪いですし、その食べ物や作り手にも失礼かもしれません。
でも、「美味しい」と思って食べると、どんなものでも栄養になります。不思議とね。(^^)
是非、季節の食べ物として、ぢゅんさんも大切に受け継いで食べて下さい♪
きっと、これはココロに栄養よ☆

ダーリン☆さまの新作♪めちゃくちゃ素敵☆★
特に!湯のみ、いいなぁ~ 色と形がタイプですぅ♪(^^)
あのHPのキャンドルホルダーも素敵でしたけど、この新作も、お色と形が素朴でいて味わい深く・・・。
いとさんのコメント拝見すると、あたたかいフォルムとごつごつ感が、ダーリン☆さまを思い出す?♪
おぉ~♪ダーリン☆さま、大層大らかで素敵な男子と見ましたぞ♪ふふふ

寝る前に、とても良いもの見させて頂きました!
ぢゅんさん、ありがと~(私も、いとさんの「ちょくちょく登場させて!みせてね☆」に一票!(笑))


さぁ、週末ですね♪
ぢゅんさん、いとさん、ダーリン☆さま、みなさま、
どうぞ、心弾む素敵な週末を☆☆★
(*↑のお蕎麦、父(義父)に食べさせてあげたいなぁ。。)

ぢゅんさん、おはようございます!(書き忘れあり(笑))

一昨日、また「もってのほか」が届きました♪
昨日食べたのですが、今回は冷蔵庫で冷やしたのが良かったのか?花のお色が前回より鮮やかな赤紫色で、目にも嬉しい一品になりました!(^^)
素敵な季節の食材を教えて頂いて、改めてお礼を言わせて下さいね。
ぢゅんさん、ありがと♪

それと、昨日 shigeo(Nature Harmony)さんのところに、初めてご挨拶に伺いました!
ぢゅんさんの「山形の風景(1)」で、私にかけて下さったshigeoさんの素敵な言葉♪感謝感謝です!
ぢゅんさん、素敵なご縁をありがとうございます☆
「山形の風景(1)」には、お返事あえて書き込みませんでした。だって、、エンドレスになりそうですからっ!(笑)
shigeoさんへの直接のご挨拶と、ぢゅんさんへのこちらのコメントでお許し下さいね。

さぁ!ホントに週末だ♪(笑)
ぢゅんさん、温かくして素敵な方たちと♪どうぞ、楽しく心豊かな週末を☆★
(*いつも長くて本当にごめんなさい!反省はしてるんですが・・・(^^;)

イチジク煮!
なつかしい味です。
故郷(宮城県)から離れてはじめてこれが東北の味であると知りました。美しき郷土色文化!ちなみにうちに姑は梅干もつけないし、イチジク煮も知らないし、ラッキョウも白菜もつけないし、お節料理もろくなものつくりませんし…とにかく伝統食には疎い人間なのでちょっとがっかりしています…。が、「だったら私が全部つくっちゃえ~!!」と日々母の味を受け継ぎ、伝えよう(おしつけよう?)と奮闘中です。ふるさとの味はいいものですよね~。東北の人間なので山形にも友人知人が多く、大好きな土地です。またいろいろなトピックをご紹介くださいませ

emiさん、こんばんは!
いつも素敵なコメントをありがとうございます!
お許しくださいなんて、とんでもない!
感謝の気持ちでいっぱいですよ!
食ってやっぱりその土地の歴史や気候と密接に関わってくるものだと思うんです。
emiさんがおっしゃるように、昔から受け継がれているものに悪いものはなくて、むしろ、そこから学ぶものって多いとわたしも思います。
ココロの栄養!まさにそうですね。
昨日、山形~羽田~福岡(直行便は無いのです)というわたしにとっては強行軍の移動をするまえに『元気補充!』と言って食べてきました。もちろん夫の器にのせて、パワー倍増でした!
器にも目を向けてくださって、ありがとうございます!
お察しのとおり、とても大らかなお腹をしております(爆笑)。
また機会があったら、登場させますのでごらんいただけるとうれしいです!

emiさんへ
もってのほか、またまた食べていただいてありがとうございます!
(なんだか山形県、広報&営業担当のようなあいさつですね。)
でもこうやって、お声を頂くとご紹介したかいがあって、とてもうれしいです!
冷やすといいって聞いたことはないのですが、大発見かもしれませんね。
来年はぜひやってみようと思います。

shigeoさんのところともご縁がつながってよかったです!
こうやって輪が広がっていくのはとてもうれしいです。
わたしのほうこそ、友達の輪!繋いでいただいてありがとうございました。


nさま、ご訪問、コメントを頂きありがとうございます!
宮城県ご出身なのですね!わたしも仙台に3年間住んでいたことがあります。なつかしく思い出しました。
私の出身、福岡と東北では味付けどころか、食材から違うことも多く、初めてのものを食べることが楽しくて仕方がありませんでした。そのうち、これをわたしが受け継ぐんだなあと言う気持ちになりました。
nさんのがんばりがお姑さんにも、次の世代にも伝わって、ふるさとの味が守れると素敵ですね!
またお時間がありますときに、ブログへお訪ね頂けるとうれしいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/7121503

この記事へのトラックバック一覧です: 山形の風景3:

« 山形の風景2 | トップページ | 山形の風景4 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ