« 手放すこと=受け取ること | トップページ | 大地の力 »

2006年4月18日 (火)

太陽の力

20064182
昨日、久しぶりに日光浴できましたあ!
久しぶりってどのくらいかというと、半年ぶりぐらいです。
札幌にもお天気の日はあります。でも、0度前後の気温の中でとても『ひなたぼっこ』とは言いがたい寒さだったのでお部屋の中でガラス越しの太陽でした。

それが昨日はベランダのウッドデッキで寝転がったり、お昼ご飯を持ち出してベンチで食べたり、もう思う存分2時間ほど日光を浴びました。ときどき流れる風も気持ちよい!
驚いたのは夜寝るときに、『あ、太陽が体の中にある!』と思うぐらい、暖かさを感じたことです。

遠く離れた宇宙の彼方から、こんなにエネルギーを送ってくれるなんて、やっぱり太陽ってすごいですね。いまの時期の太陽光線は『育成光線』と呼ぶんだとわたしの免疫療法の医師が教えてくれました。だから思う存分、浴びて細胞を元気にしておいで!と。人間は一日1億個の細胞が生まれ変わっているそうです。大体60億個の細胞を持っているので、体の60分の一が入れ替わっている計算です。たとえば体重60kgの人の1kgは入れ替わっているということ!そして全部の細胞が入れ替わるのに2ヶ月という計算になります。その新しく生まれてくる細胞のミトコンドリアに元気を与えるのが酸素と太陽光だそうです。免疫療法の治療の中で太陽光を人工的に作る機械も使っているのですが、やはり『本物』は違います!『せっかく太陽にあたりにいくなら帽子なんかもったいないよ!』とうちの医師は言います。
2006418
昨日は、ベランダのウッドデッキに寝転んで全身に太陽を浴びていました。そしたら、ヘリコプターが飛んできました。『あ~、真っ青な空に飛行機の音!『紅の豚』の世界だなあ~』なんて思っていたら、ヘリコプターが何度も旋回しているのに気づきました。そのうち、『ん!!私を見ている?』と気づき、あわてて飛び起きました。そうです、そのヘリコプターは火事などの事故を探すヘリコプターで、ベランダでひっくり返っている私をみて、人が倒れているのでは?と思って確認していたようなのです。『ごめんなさーい!大丈夫!元気元気です!』と歩き回ってパフォーマンスをすると安心して(?)その場を離れていきました。あー、お仕事増やしてしまってごめんなさい。

冬が長い土地では太陽光が少ない時期に鬱の症状がでる方が多いそうです。お部屋の電気もその治療のため太陽光に近い電器が開発されています。ちょっと疲れていたり、元気がなかったりしたとき、とりあえず丸一日太陽をしっかり浴びましょう。体の緊張も、心の緊張も溶かしてくれますよ!

※写真は母です。わたしは帽子なしで過ごしました!

« 手放すこと=受け取ること | トップページ | 大地の力 »

コメント

>ベランダでひっくり返っている私をみて、人が倒れているのでは?

笑っちゃいました!
さすが、おおらかな北海道!

マクロ美風さん、マクロビ井戸端会議お疲れ様でした!
とても充実した時間だったのだなとみなさんのブログを拝見して思いました。よかったですねー!
さて、これ、福岡での話なんです、いま里帰りしています。
まだまだ札幌はベランダに寝転がる気温ではないので、日光浴のために福岡の実家に帰っています。
体を縮めて過ごさなくていい開放感を味わっています!

そうなの、そうなの!
北国に住んでると実感する!
今まで当たり前だった太陽が本当にありがたい!ね!

・・・太陽と会えない日は、気持ちがどよ~んとする。
そんな日は、細胞もどよ~んとしているのかなぁ( ̄□ ̄;)

私はさっきまでガラス越しの日光の元で、ぼ~っと庭を眺めていました。
ゆ~っくりだけど、春は来ているみたいでほっとしています。

ほーんと、そうですよねぇ。お日様って偉大だな~って思います。
わたしもときどき外に出て、「光合成」しています(笑)そんな日は、夜もぐっすり眠れるんですよね。

仙台郊外はまもなく桜が見ごろになりそうです。道行くお宅の庭もカラフルになってきて、心も華やぎますね。

しかーし、ヘリコプターの一件には、びっくり(^^)

いとちゃん、ありがとう!
そうだねー、ほんとに太陽が恋しいよね。
福岡の夏の日差しはギラギラ焦げるようで、子供の頃はうっとおしかったけど、もう何年もそんな太陽を浴びてないとやっぱりさみしいです。
東北にもはやく春爛漫が訪れるといいねー!

Midoriさん、ありがとうございます!
そういえば、この日、ぐっすり眠れた!
ここ数ヶ月なんだか眠れなかったから、久しぶりの快眠でした。
お日様のおかげだったんですね。
わたしはヘリコプターのことでドキドキして疲れたからかと思ってた(笑)。
カラフルな春、思いっきり楽しんでくださいねー!

こんにちわ。わたしも最近眠れなくて、千葉の実家に帰ったらことりと寝たので、やっぱり太陽の力は大きいのかと・・・
実はここ3年くらいうつの状態がでたり入ったりしてるのですが、札幌のお医者様に「北海道は日照時間が少ないので、うつになることがあるんだよ」と言われて、なんだかほっとしたのを思い出しました。そうそう、昨日、札幌に「かもめ食堂」の小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんがいらしてくださいました。小林さん、かわいいっつ!!映画もよかったです。わたしは昨日の夜からすっかり「かもめ食堂」にはまってます。「かえるやさん」に似ているところがあるかも・・・でした。

あんずさん、こんばんは!
わたしたちみたいに北国生まれではない人には寒さだけではなく、日照時間の差も大きく心と体に影響しますね。
わたしの先生も『冬は札幌脱出すれば?』とか言います(笑)。自然と生きるということは厳しいことですね。でもきっと対策もあるし、自分なりのライフスタイルも身につけていけますよね、がんばりましょう!
『かもめ食堂』観たい!!!!あんずさんのコメント見て、また映画熱が出てきました!
かえるやさんに似てる雰囲気!ますます気になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/9650328

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の力:

« 手放すこと=受け取ること | トップページ | 大地の力 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ