« 底力!ソコヂカラ! | トップページ | やっと春日和! »

2006年4月27日 (木)

名もなき偉人達

福岡滞在の最終日、ジュエリー展を見に行ってきました。福岡市博物館で開催されている『ヴェネツィアン・ビーズとコスチューム・ジュエリー展』です。
博物館の展示会に行くといつも思うのは『人間は退化している・・・』ということです。昔の技術がとてつもなく崇高に見えます。今回も100年も昔のビーズ作りの技が目を釘付けにしました。ひとつぶのビーズを作るのにどれだけの時間が、そして何より集中力がいるかと思うと目の前のネックレスの奥に途方もなく深い世界があるように見えます。

その中でも、わたしが思わず息を呑んだネックレスがありました。それはコンテリエと呼ばれるビーズでできたもので、そのビーズの大きさはなんとケシ粒大。1mmよりまだ小さいそのビーズが何千、何万と糸に通してあるのです。この小さい小さいビーズを糸に通すのはインピラレッサと呼ばれる糸通しの専門職の女性でした。何千回という同じ作業の繰り返しの中で、女性達は何を思っていたのでしょう。今では上質のコンテリエを作ることさえ難しいそうです。

ヴェネツィアンビーズは作り方によって分類されているのですが、その中に『指焦がし』という意味のビーズがありました。3~6mmほどのガラス玉に花柄や螺旋の模様などをほどこす技術です。職人がランプの火に指を近づけて作業するとき、過って指を火傷してしまうほど細かな作業なのですね。この技術も今では残っていないそうです。

ひとつのものを作り出すにはいくつもの工程を経て、作業が積み重ねられ、その世界は作られます。呼吸も忘れるほどの衝撃を与える仕事をしていた名もなき偉人達の姿を心に刻んで、わたしも製作の道を歩みたいと思いました。

福岡市博物館HP
http://museum.city.fukuoka.jp/

« 底力!ソコヂカラ! | トップページ | やっと春日和! »

コメント

パール展にいった時

美しいパールの装飾品を手に入れるため
多くの種の貝が絶滅している事を知りました 
(思っていた以上でした)

自らは身に付ける事のない
『美しい物』を作る多くの人たちの存在も再認識しました


人は欲深い者です
でも
技術を磨く原動力にもなります

良い意味で
欲深くなりたいですね

鍼美人さん、こんにちは!
パールの話は以前聞いたことがありました。
人間の欲は限りがないのでしょうね。
わたしが受注してから製作するオーダーメード方式をとっているのは、できるだけ資源を大切に扱いたいという気持ちからでした。
今回の展示会を見て、繊細で過酷な仕事をする人たちは『生きるため』だったのだと改めて思いました。それは辛い労働だったのだと思うのですが、『生きるため』という力強さから生まれたものはそれはそれは美しく心を奪われるものでした。
そしてそれを見た瞬間、細胞に光が浸み込むような感動をもらいました。
わたしが一昨年、危篤の状態から復活したのも仕事を再開したときからでした。わたしにとっても『生きるため』の仕事だと心から思いました。
欲におぼれないように、でも欲する気持ちを大事にしながら進めて行きたいと思います!
鍼美人さん、ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/9794049

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき偉人達:

« 底力!ソコヂカラ! | トップページ | やっと春日和! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ