« お墓参りで思うこと | トップページ | 思うことからはじめよう! »

2006年8月17日 (木)

違うからこそ

~ 花枝自短長 (かしおのずからたんちょう) ~
という言葉をご存知ですか?同じ樹でありながら花の枝には長いのも短いのもある。違いがあるからこそ、全体のバランスがとれて調和が生まれるという意味の禅語です。

根室の沖で日本のカニ漁船がロシアに銃撃され、一人亡くなるという事件が起きています。両方の言い分が食い違っていて、いまだ亡くなった方、拿捕された方達の帰れる日さえ決まっていません。終戦記念日が過ぎたばかりでまたこのようなことになるなんて。人間は学べない生き物なのでしょうか?

そもそも、『ここからここまではうちの国のものだ』なんてよくそんな傲慢なことが言えるよなーといつも思います。竹島問題しかり、世界中に国境があることがなんだか不思議です。うちのもの?地球のものじゃろがい!!と言いたくなります。まして命を奪う口実にするなんて。被害者だから怒っているわけではないのです。日本だって充分、加害者になりうる問題なのです。だからこそ、こんなことは許されてはならないと思うのです。

一日でも早く『花枝自短長』の思想で世界が調和を得る日を作るのが、これまで生きてこられた方達に対する、これから生きていくものの使命だと思います。

« お墓参りで思うこと | トップページ | 思うことからはじめよう! »

コメント

《戦争や争いは何故なくならないか?》
歴史上何度となく繰り返され、今も尚終わらない。だけどきっと昔から、争いをなくしたいと思っているヒトは少なくなかったはず。たげど、答えはなかなかみつからない。きっと、これからも争いは起きてしまうのでしょう。
それでも、平和を願うキモチはなくすべきではない。ぢゅんちゃんのように、願い、あきらめない。これって大事なコトだと思うよ。自分に何ができるかって考えると難しいケド、身近なコトでもできるコトってきっとあるよね?私はそれを考えてみようと思う。
長くなってごめんね。

ぢゅんさん、こんにちは
お帰りなさい

悲しい事件ですよね
でも世界を見渡すと、日々このようなことが必ずどこかで行われているのですよね

当事者の方たちも、傍観者という立場をとるしかない私たちも、ここからどんなことを学ぶのか、学ぶ必要があるのか…
考えてしまいます

ちえちゃん、ありがとう。
俄然、やる気でてきたよ!
何ができるかというより、何を思うかが一番重要だと思うんだ。
『世界平和を願う、本気で!』ってことを軸にすると、生活の仕方も変えざるおえないし、ものの考え方も変化していくと思うの。それが行動につながると思うんだよね。
だから世界で起きているひとつひとつの出来事にしっかり思いを馳せていこう、それがまず第一歩だよね!

らるごさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
わたしたちの最大の能力って想像力だとわたしは思っています。自分に起きたことではなくても、過去に起きたことでも、世界の反対側で起きたことでも、自分のことのように思える想像力をわたしたちは持っていますよね。
そしてそれが発揮されたとき、きっとだれもが当事者になれると思うのです。
まずは思いを馳せてみる、そこから自分ができることが見えてくるような気がするんです。

花枝自短長 (かしおのずからたんちょう) 

知りませんでした・・・
いい言葉ですねぇ。

モモタロウさん、こんにちは!
今すごくいい本読んでいて、それが禅語をわかりやすく説明してくれる本なんです。
自分の中で思っていたことは禅の言葉としてあったんだなってことをページを開くたびに感じます。
禅は『あたりまえの』ことを教えとしているそうです。
あたりまえのことをあたりまえにすることができれば、世界平和につながりますよね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/11481737

この記事へのトラックバック一覧です: 違うからこそ:

« お墓参りで思うこと | トップページ | 思うことからはじめよう! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ