« 山形便り | トップページ | 違うからこそ »

2006年8月15日 (火)

お墓参りで思うこと

札幌に戻ってきました。
今年は何だかいろんなことを考えたお墓参りでした。

オットの実家は歴代のじっちゃんばっちゃんを奉る仏壇はもちろんのこと、神棚、そして庭に鳥居まである、神様仏様をすごく大事にする家です。里帰りするとまず仏壇に手を合わせるし、家にいる間は買い物から帰っても仏壇に手を合わせます。そんなとき、わたしは何をお話しするかというと、『こんにちは!帰ってきました。いつもありがとうございます』と言います。

お墓や仏壇に手を合わせるという行為のときはお願い事をするべきではないと聞いたことがあります。ひたすら感謝の気持ちを述べるのが礼儀だそうですね。でも、わたしは毎回、『もう少しだけ体の状態をよくしてください。そしたらもう少しみんなのためにできることがあるんです。』とお願いしていました。そう、全くもって自分本位!でもわたしが高宮家に嫁いだのには意味があるんだろうし、自分ができることがまだまだあるように思えたんです。それなのになかなか体がついてこない。だからじっちゃんばっちゃん、わたしに力をちょうだい!って思ってしまっていました。

でも今年のお墓参り、自分のことをいっさいお話しないわたしがいました。『いつもありがとうございます。こちらは大丈夫ですからどうぞ楽しくのんびりお過ごし下さい。お義父さんをよろしくお願いします。あとお義母さんと赤ちゃんを宿しているTちゃんのこと、お守り下さい』。結局、お願いはしてしまっているのですが(笑)、でも自分のことばかり考えていた前回までとは明らかに心の持ちようが違っていたように思います。

札幌に来て初めて霊体験をしたとき、人にはウソつけるけど、霊(エネルギー)にはウソつけないんだなと感じたのですが、その霊のみなさんに対して『こちらは大丈夫』と言えた自分にちょっとだけ進歩の兆しが見えたかなと思っています。今までのわたしはしなければいけないことをはき違えていたように思います。これからはこのままのわたしで、わたししかできないことに心を尽くしていこうと思います。

たった一日お墓参りをしただけで心がすとんと整理されたような気がします。やっぱりじっちゃんばっちゃんパワーはすごいね!

« 山形便り | トップページ | 違うからこそ »

コメント

こんにちは。
帰省から戻られたのですね。

私も、お墓参りや仏壇の前で手を合わせるとき、いつも○○してね。。。△△になりますように。。。とお願い事ばかりしていました。
でも、父がなくなってから、母がこんなことを教えてくれました。「若い仏さんには、お願い事をしちゃだめなんだって。報告だけにしてね。お父さん心配して、良いところにいけなくなったら困るからって」
それから、私も手を合わせるときは、元気に帰ってきたよ。。。とか、無事だからとか、話しかける感じで報告だけしています。
でも、たまに何十年来の癖でお願い事もしてしまうのですが。
お願い事をするのは、神様の方が良いようですね。

(自分のブログにも書いたのですが)
妻の友だちのだんなさんが亡くなり、
その自宅にお線香をあげにいきました。
ぼくは霊感はどうだかわからないのですが、
多少の直感といえる程度のものは
あると思うのですが、遺影を見てその目が
生きているように見えるのです。
とくに、49日前ですし、まだ家に
いるのでしょう。
でも、奥さんは、まったくそういうことには
理解のない人で、こういったお線香を
あげにくるとか以外は、2歳の娘と実家に
帰ってしまっているのです。
ほんとうは、今こそちゃんとそばにいてあげて、
供養をたびたびしてあげれば、いずれは、その亡くなった
だんなさんが、奥さんや娘さんを守って
くれると思うのですが・・・。
奥さんも、今、いろいろ、すごく大変なのは
わかるのですが。私たちも力が足らずそのときは
お参りすることくらいしかできませんでした。

そういう意味で、ちゃんと先祖の供養を
されている高宮家、ぢゅんさんはすごくいいところへ
お嫁に行かれたのですね。
きっと、高宮家の中の力あるご先祖様が
ぢゅんさんのことを守っているのでしょうね。

(長くなりすぎましたが、うちは先月でしたが
今お盆の時期ということでお許しください。)

colorful-heartさん、こんにちは!
札幌に戻ってきました!
戻ってきたらもう秋風が吹いているかと思ったら今年は夏が遅く来てちょっとだけ長くなりそうです。
わたしもいっつもお願いしていました。知らない神様より、知っているじっちゃんばっちゃんのほうが聞いてくれそうな気がして(笑)。
でもこちらはこちらでがんばらないとですね、お母様のいうとおりです。
亡くなった事はさみしいけど、いつでも話しかけられるようになったと思ったらかえって身近に感じたりもします。良い報告がでいるように楽しい毎日にしましょうね。

モモタロウさん、こんにちは。
ブログの記事、拝見したときやりきれない気持ちでした。うつ病はひとりで克服するのは難しい病だと思います。かといって家族だけの問題でもない。ステロイドの長期使用で引き起こすこともあれば、日照不足でそうなることもある、誰にでも起こりうる病です。それなのに理解は進んでいない。もどかしいですね。
わたしは義父が亡くなってから義父に話しかけることが多くなりました。そういう意味ではコミュニケーションが深くなったかもしれません。そう思うと、亡くなった方への対応というのはすごく重要な気がします。みんなが幸せを感じられる方向へ進むといいですね。

ぢゅんさん、お帰りなさいませ。
私の実家も仏壇も神棚もあります。
父も氏子を10年勤めましたし。
ありがたいことに神仏さまに守られているようです。
ぢゅんさん同様、お参りの際に感謝をするようになったのは最近の事です。
そしてすーっと心に閊えていたものが取れて安心します。

ぢゅんさんが霊の皆さんに「こちらは大丈夫」と言えたことが素敵ですね。
私はまだそこまで伝える余裕がありませんでした。
でも今度お参りをした時やご先祖様に思いを馳せた時には伝えようと思います。

レイハネさん、こんばんは。
レイハネさんも下山されたのですね、お帰りなさい!
山はいかがでしたか?
わたしの生活では何かの行事でやっと思いを馳せるご先祖様だったのですが、今年からは義父が加わってずっと身近になりました。
昔の人は神事は日常だったのですよね。わたしも手を合わせることが日常になりました。でもまだときどき、困ったときの・・・になってしまっています。いつも感謝が言えるよう過ごしていきたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/11446457

この記事へのトラックバック一覧です: お墓参りで思うこと:

» お墓参り代行サービス [はやりもん]
流行ってるらしいよ・・・お墓参り代行サービス [続きを読む]

« 山形便り | トップページ | 違うからこそ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ