« 心とお腹を満たす秋の便り | トップページ | 秋の名残り »

2006年11月 7日 (火)

あなたのラストメッセージは・・・

ここ二日、NHKの『ラストメッセージ』という番組を見ています。一日目は私の人生の師の一人、手塚治虫氏、二日目の昨日は湯川秀樹氏の特集でした。

物理学者の湯川秀樹は日本で始めてノーベル賞を受賞した人です。彼の研究への情熱はそれはそれは強いものでした。物理のことだけ考えて生きていたいと思っていたそうです。そんな彼に人生を変える衝撃を与えたのはアインシュタインとの出会いだったそうです。アインシュタインは初めて湯川と夫人にあったとき、『自分の研究のせいで日本の人々を苦しめた』といって涙を流したそうです。湯川にとって研究の先にあるものが脅威に繋がるかもしれないと強く認識した出来事だったそうです。

それから湯川は世界のトップ科学者が結成した核廃絶の委員会に所属し活動を始めました。でも核を持っているからこそお互いをけん制し、核が使われることがないのだとする『核抑止論』が唱えられ始め、世界の意識が核廃絶からそれてしまいました。今の現状をみるとあきらかですよね。それでも湯川は最後まで『核は絶対悪だ』と唱え、命が閉じる三ヶ月前まで講演を繰り返したそうです。

現状がどんどん望まない方向へと進んでいくのを目の当たりにしながら、湯川は
~ 一日生きることは、一歩進むことであれ ~
と自分に言い聞かせる言葉を手帳に綴っていたそうです。

いま思うように物事が進まないことがあっても、思うように体が動かないことがあっても、不安が取り除けない現状にあっても、目標まで遠く果てしなくても

~ 一日生きることは、一歩進むことであれ ~

そうあるよう生きましょうね。

« 心とお腹を満たす秋の便り | トップページ | 秋の名残り »

コメント

素敵な話をありがとうございます。
世界は彼のように、恐れる心から逃げずに、前に進むもの人たちが作るもの。
未来の不安・過去への固執。
でも不安だって口にしていても、何も変わりませんよね。

今、自分にあるものに感謝する気持ちを忘れず、
ただ今日という日を、大切に生きていきたいと思いました。

papaさん、コメントありがとうございます。

日常生活をたんたんと過ごしているとつい、毎日が同じことの繰り返しのように感じてしまいます。
でも同じ日どころか、同じ瞬間はないのですよね。
日一日と変化する自分、成長する自分を感じられるか、またそうあるように努力できているかを問われた番組でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112450/12588859

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのラストメッセージは・・・:

» 人生って・・・ [名言 格言]
人生って、どれだけいい出会いをしたか、そして・・・ [続きを読む]

« 心とお腹を満たす秋の便り | トップページ | 秋の名残り »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ