« 涙と汗のむこうに | トップページ | 最初の一歩 »

2007年1月22日 (月)

『歩くと足は変わります!』by野田靴屋さん

Imgp0103



















昨日、待望のオーダーメイドの靴が出来上がりました。野田靴屋さんとお知り合いになれてから、わたしが一番苦痛だった靴選びが一番の楽しみになりました。
今回の靴は野田靴屋さんでの3足目になります。先の2足はブーツ型で足首が曲がらないわたしでも後ろからすっと入るデザインにしてもらったのですが、今回は『工夫をすれば短靴でも履けると思いますよ!』といって、大き目のジッパーとマジックテープの応用により、こんな素敵な靴を作ってもらいました。
『どんどん歩けるようになったら、もっと細めのデザインでも大丈夫だと思いますよ』と野田さん。でもわたしは内心、時間が経つたびに足の変形が進むのだからそれは無理かなと思っていました。するともう一声、『歩くと足は変わりますから!』との言葉が。
そうかぁ・・・。わたしは病で変わることばかり気にしていたけど、自分のライフスタイルによって体を変えていけるということもあるんだと改めて思いました。いままで足をかばうことばかり考えていましたが、使うことによって強くなることもあるんだと思いました。
春を迎えるにあたり、また心強いアイテムが増えました。一歩ずつ一歩ずつ、強い体になれるように楽しみながら鍛えていきたいと思います。
20071201 20071202

これは二足目のブーツです。一足目が真っ黒のブーツだったので、オレンジ色に染められた牛革にしてもらいました。そのときのわたしは手帳も、時計も気付くと全部、オレンジ!個性を主張したい気持ちだったのだろうと思います。足に自信がないわたしが、かわいい靴を手に入れることによって、足元が自慢のわたしになれました。見方を変えることで弱点は最高のアピールポイントになれるかもしれません。



野田靴屋さんHP http://world.dyndns.ws/noda-kutsuya/

ブログ内の関連記事
2006年2月27日『福岡滞在日記④』
2006年4月16日『手放すこと=受け取ること』

« 涙と汗のむこうに | トップページ | 最初の一歩 »

コメント

うわ~素敵!!!
ブーツもカワイイ♪♪♪

春に向けて、心がワクワクしますね♪

どちらも履くと、
職人さんの手がぢゅんさんの足をやさしく包み込んで
くれているような…そんな心地よさそうな雰囲気!
サポート力満点の靴ですね!

ニコニコしているぢゅんさんが目に浮かびます~♪

ぢゅんさん

こんにちは!年賀状ありがとうございました~。
元気になってきているようでうれしく思っています。
写真の靴、かわいいですね。
私も歩くと足が変化するって思います。骨がだんだん太くなってしっかりしてくるんです。(私は少し足のサイズが大きくなりました)
素敵な靴を履いて散歩に出かけてくださいねー。

Tさん、こんにちは!

>職人さんの手がぢゅんさんの足をやさしく包み込んで
くれているような…そんな心地よさそうな雰囲気!

ほんとにそうなんです!!
足の裏に骨が飛び出している部分があって、地面に足をつけるたびに痛かったんだけど、内側にフワフワのクッションを入れていただいたのでやわらかいし、あったかいし、最高です!

はやく、札幌の地をお散歩したいなあ。

KTさん、こんにちは!
こちらこそ!逆にお返事遅くなってしまってスミマセン(汗)。

わたしもしっかりした足になりたーいです!
いまはまだ、一歩踏み出すたびにフラフラしているので、この靴でしっかり大地を踏みしめて歩けるようになりたいと思います。

今日はこちらは晴れです。
このまま春になってくれるといいなと思います。

わおう、とても可愛い靴ですね。
これはいい!リボンがとっても可愛い!!
ぢゅんさんがはかれると似合いそうです。
お外に出るの楽しみになりそうですね^^

思わず可愛い~と声を上げてしまいました。
二足ともいい色ですね。こういう色に仕上げるのも、形作るのも大変なのでしょうね。
私もつい体をかばうことばかりに気を向けてしまいますが、
やっぱり授かった身体は使って何ぼですね。
寒い日が続くけれども春を探しに外へ出てみようと思います。

colorful-heartさん、こんにちは!
そうなんですよお、かわいいんです!
今まで履きやすい靴はダサい(死語?)靴か、もしくは医療道具です!みたいな靴しかなかったんですが、野田靴屋さんに出会って履きやすく且つかわいいは成立するんだと思いました。
リボンは店主のお母様が『今回はリボンつけようね!!』と勧めてくれたものでした。その一言が足に自信がなかったわたしの心の殻をとってくれた気がします。

レイハネさん、こんにちは!
野田靴屋さんに行くとあらゆる種類の、あらゆる色の皮が山済みされていて、それを見るだけでもプロの領域に足を踏み入れたワクワク感を体験できるんです。

>やっぱり授かった身体は使って何ぼですね。

これ、すごくいい!!いただきです!
わたしも使うだけ使ってからお返ししようと思います!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 涙と汗のむこうに | トップページ | 最初の一歩 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ