« おっと!そうでしたか! | トップページ | 結果は出る、時間はかかっても! »

2007年3月17日 (土)

春の風物詩

2007317

お買い物の途中で通りかかった川の風景です。

福岡市の室見川では2月~4月の間だけ、『やな』と呼ばれる仕掛けが作られます。

そして春を告げる魚シロウオを獲るのです。

わたしも見るのは初めてで、春のキラキラした日差しの中、昔からの伝統の営みを肌で感じた気がしました。

川辺にはこの時期だけシロウオを食べさせてくれるお店が立ちます。車がいっぱい止まっていて大繁盛でした。

でも・・・、シロウオの食べ方は・・・、踊り食い。
踊り食う勇気がないので、食べたことはありません。
そして今日も漁の様子だけを堪能して帰って来ました。

いくつも川がある中で、この室見川にだけシロウオは現れます。自然界の不思議はまだまだありますね。

(photo:オトン)

« おっと!そうでしたか! | トップページ | 結果は出る、時間はかかっても! »

コメント

私は全国放送のテレビで見たことがあるだけなのですが、福岡の春の風物詩、いいですね^^)

新潟に住む私の田舎町では、白鳥たちの北帰行が春のおとずれを教えてくれます。
冬の間、水田でえさをついばんだり、冬空を舞っていた白鳥たちが空高く帰ってゆくと、まもなく春の風がやってきます。
その北帰行の姿を見ながら、木々の雪吊りをはずして、庭木を春の空に開放してあげます。

時代が変わっても、季節の風物詩、大切にしたいですね^^)

また、遊びにきます、いろんな写真や素敵なブログ、楽しみにしています。

どんぐりぐりさん、こんにちは!

春の風物詩もところかわれば・・・ですね!
白鳥の風景もダイナミックですね。

季節の移り変わりはその土地にしっかり根付いて、足元を見て生活しないと感じないことですよね。
今年の札幌の春の訪れに間に合うように、帰りたいと思っています。

わたしもどんぐりぐりさんのブログから野菜たちの春を感じるのを楽しみにしています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっと!そうでしたか! | トップページ | 結果は出る、時間はかかっても! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ