« 宇宙規模のお味、キタ~~~! | トップページ | ハートマンシリーズ カタログ »

2008年6月 3日 (火)

おてがみしり~ず ☆fantaさんへ

『おてがみしり~ず』 今回はfantaさんへのお手紙です。

おてがみしり~ずは『春祭りリンク集(随時更新5/12)』の順番でおおくりしております。

***************
☆『fantahime's weblog』 fantaさん
1、3days ぢゅんさんのところにたどり着くまで
2、3daysぢゅんさんのところにたどり着いてから
3、

fantaさん、お元気でいらっしゃいますか?
そろそろ日差しも暑くなってきたころでしょうか。
fantaさんにはじめてお会いしたのは、金木犀の香り漂う頃のこだま荘でしたね。
いま思い返しても夢だったのではないかと思うような時間でした。

机の上に石鹸を並べるfantaさんを見て、『あ!あれが絶対fantaさんだ!!』と食い入るように眺めていたら、fantaさんが見つけてくれましたね。
ズンズンズン!と近づいて、ホワッと両手を握って『ぢゅんさん、触っちゃった♪』って(笑)。
あの瞬間、わたしはfantaさんが大好きになりました。

家に帰って、インターネットばかりであまり声のやりとりをしないで過ごしていましたが、fantaさんの声って好きだな~とふと思ったら、今度は電話がなって!なんだか魂の奥の方でずっと繋がっている気がしています。

春祭りのジュエリー作品は、fantaさんとお父様のおかげでできました。
お父様ともいっぱいおしゃべりさせていただいて、石と会話がしやすくなった気がしています。
だからfantaさんに作品を見ていただけたこと、とてもうれしかったです。

人ってたくさんの課題を背負って生きていますね。
そこに気づいた人はもっともっと、これでもか、この次もかってくらい、学びが訪れます。
でも、生きるということに真摯に向き合っているfantaさんという人生の先輩に出会えて、わたしも生きることが怖くなくなった気がします。

>いつか石になる

というfantaさんのお言葉、胸にしみました。
わたしもいつか石になりたい。
そうなったとき、誰かを癒せる石になれるようにいまの人生を精一杯生きたいと思います。

fantaさん、いつも気づきをありがとうございます。

ぢゅんより63












春祭りの頃の森のテラスはちょっと寒くて、薪ストーブに火をつけて過ごしました。
パチパチと燃える音、薪の匂い、真っ赤な色。懐かしいような、暖かい気持ちで過ごしました。

« 宇宙規模のお味、キタ~~~! | トップページ | ハートマンシリーズ カタログ »

コメント

いやーーー。
有り難うございます・・・。


恐縮です。

ぢゅんさんにこんなに書いて頂くような自分だろうか???と、今日一日ふりかえってしまいました。

ぢゅんさんはとても瞳がきれいで、透き通るような光りをたたえた人という印象があります。

それで、 こだま荘でお会いしたときはいきなり手を握ってしまいました・・。

あのあと痛くなかったかなあと心配になってしまいましたが・・
(じつは エネルギーすうてたんや〜 
 ちぃすうたろか〜 ←はざまかんぺい風)

透明感というとあのとき初めてお会いしたマクロビパパさんもそんな感じでしたね。
きっと同じ星からきたのかな??

いつも気付きを頂いているのはこちらのほうですねん(いきなり関西風)

ぢゅんさんとのご縁の中で
いままで抱いていた自分の姿とちがう、

ぢゅんさんの中で息づいている私の像を見ることができました。

ぢゅんさんが純粋で、透明感があって、キラキラしているから
きっとその水にうつった私も
キラキラにさせてもらってるんだと思うんですよ。

イママデではあり得ないほどにキラキラに。

美しい水=ぢゅんさんに感謝です。

また、
ぢゅんさんにお会いして、こうしてうちの石を生かして頂くことでもって初めて「石」に対する気持ちが変わりました。
それまではとても祖末に思っていたと思います。いやに現実的に考えていました。
ペシミストでシニカルな見方で見ていた。
石に対する厳かな感情を 呼び起こし 私だけでは絶対に見えなかった 透明感のある
世界をかいまみせてくださってありがとうございます。

私は年はぢゅんさんより上かもしれませんが、
まだまだぜんぜん修行不足で、至らぬ人間です。

おつきあいいただけるのが不思議なほどぢゅんさんのほうが大人だし 、勇気があるし、実行力があるし・・・純粋だし、
私は自分が恥ずかしいです。
そんな私でも、こうしておつきあい頂ける
ご縁を頂いて、感謝します。。

有り難うございました(^^)

fantaさん

いっぱいいっぱい、お言葉をありがとうございます!

わたしこそ、みなさんにお会いし、その光を当ててもらうことで自分の中の膿や闇を追い出してもらっている気がしています。

>勇気がある
って言葉も実は意外でした^^;
だってね、わたしは家族に『ノミの心臓』って言われてますから(笑)
だからこのお言葉を頂いて、わたしも少しは大きくなれたのかなって思わせていただきました。

fantaさんは深い深~い人だと思います。
考えることも、行動も、人生も。
だからいろんな人に出会って、いろんなことに遭うのだと。
それをまっすぐ見る目は強さだなと思っています。

わたしももう少し強い人間になろう!
そう思いました。

fantaさん、これかも(来世でも)ずっとよろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙規模のお味、キタ~~~! | トップページ | ハートマンシリーズ カタログ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ