« お知らせ | トップページ | 命名♪ »

2009年6月17日 (水)

またまた上がる♪

昨日、ついにニューシラルガンの蓋を一人で開けることができました!
というか、開ける方法を見つけ出しました。

昨日、myさんが使いやすいカセットコンロを携え、うちに来てくださいました。
「ぢゅんさんのコンロ、火加減が難しそうだったから、気になってたの!」と。
秋田むそう塾の日、自分のお鍋とコンロを持って参加したのですが、myさんのコンロに比べ、わたしのは火を大きくするのも小さくするのもふり幅が狭くて、結局、五徳を使って調整することになりました。
ここ数回、家で玄米を炊くのだけど、あのときの味には到底及ばない。
でも、「まだはじめたばっかりだから」と、わたしはそこで止まっていました。

カセットコンロを新しくする・・・そのことが思いつかなかった。
わたしの心はこんなにも頑なだったかと、改めて思いました。
それと同時に、理想に対してこんなにもまっすぐに柔軟に想いを行動に移すmyさんの姿勢にガツンとやられた気がしました。もちろん、良い意味で!

6171
こんなに小さくなる火・・・。
見ていて心が穏やかになります。

そして呼応するように静かな吐息を立てる鍋。
聞いていて心が静まります。

この時間が自分を見つめる時間になっています。


そして炊き上がりは。
6173 今までとは明らかに違う炊き上がり。

文句なしの自己ベスト。

オットも「今までで一番おいしいよ。」と言ってくれました。

炊き上がりにすでにペロリと一杯食べてしまったのは(ご飯時でもないのに^^!)、わたしにしてはすごいことでした。

そしてもうひとつ、わたしの心と体をふわっと解放してくれたこと・・・ニューシラルガンの蓋を一人で開けることができました。

ご飯を炊き終えた後、myさんと試行錯誤。
何回もわたしの指を上から押さえてもらって、レバーの感覚をつかもうとするのですが、やはり指の力と角度が保てない。
やはり無理かとあきらめかけたとき、myさんが「ちょっとこれで押してみよう!」と菜ばしを使ってレバーを押してみました。
「下がる!」
でも、わたしは最初それさえもできなくて菜ばしでレバーを押すことを繰り返し練習。

「いった!押せたね!」
確認した後、次はどうやってレバーを押したまま、取っ手をずらすか・・・。
イスに乗せ、イスの背もたれにクッションを置いて、鍋を逆手に置くことをmyさんがみつけてくれました。
でも今度はクッションに取っ手がくいこんで、ずらせない。
だったらいっそ固い背もたれのまま!わ!できた!開いた!ぢゅんさん、やってみて!はい!わあ~!できた!これ、大丈夫かも!キャ~!いける、いける!!
大興奮のゴール!

6172感動でした。
できないこといっぱいあるけど、できるようになること、そしてできる工夫をすること、それが今のわたしをひとつひとつ変えて、強くしてくれています。

一人では決してたどり着けなかったゴール。
体も心も時間も知恵も、全力を使ってサポートしてくれる友の存在の有難さ。
myさんが帰ってもしばらく、感動の波に漂ってかみ締めていました。

生きるってこういうことですね。
なんだかむそう塾で玄米炊きを習ってから、わたし、全力で生きている・・・そんな実感が持てています。
あきらめない、絶対あきらめない、そんな強さが身につきはじめています。

今日の美風さんのブログの記事で美風さんと中川さんとmyさんが、わたしが感じていた以上に、スクラム組んでわたしのサポートをしてくださっていたことを改めて知りました。
ほんとに、なんと言って良いか。
いや、言うだけではダメです、「恩返し」という中川さんの言葉が胸に熱くたぎります。
そう、わたしはいま、美味しい玄米を炊けるようになって、体力をつける、それがみなさんへの恩返し。
そしてその後、できることがまだまだある、やらなければいけないことが!
そう熱く熱く思っています。

玄米を炊く度に生きなおしている・・・そんな気がしています。

« お知らせ | トップページ | 命名♪ »

コメント

ぢゅんさん、やったね!
MYさんのサポートには頭が下がります。遠くにいるから心で応援するしかできないけど、みんなMYさんと同じ思いでいるはず!
本当に良かったね。

より一層美味しくなった玄米ご飯で、もっともっとふうわり、それでいてしっかりとした、ハイパーぢゅんさんになってねー\(~o~)/

うんわー!
わたしの手が!
そしてシラルガンの蓋に写った私がババアの形相だ!!(爆)

蓋が開いた時のぢゅんさんのお顔は一生忘れません。
もう、モノマネできちゃうもんね♪ウフ

いいな〜shine
キラキラの体験が、ぢゅんさんを中心に広がってるかんじで。

まるで澄んだ水がきらきら七色に、みずみずしい光を周りに波及しているような映像が浮かびます。綺麗です。玄米を炊くという事を通して、こんなに学びや、効果が現れるとは・・

なんかいろんなことを思いました。
学ばせて頂いて有り難うございます。

よかったね~おめでと~\(^o^)/
あたしもうれしいよ,かなりね。
秋田に行ったらMYさんのご飯とぢゅんさんのご飯,
両方食べられるのね~
(robizoちゃんのはもう食べたのよん(*^^)v)
あたしばっかり得する感じかも,笑。
さて,いつ行こうかなぁ~

robizoさん

ありがとうございます!
myさんのおかげでまたひとつ、ハードルを飛び越えることができました!

みんなの応援、届いています、痛いほど。
だから無理するとかじゃないけど、できるだけがんばろうと。
見ててね!

ハイパーでマッチョを目指します♪

myさん

お写真、事後報告使用でごめんなさい!!
顔、映ってないよ~、全然違うよ~、myさんはマリアさまみたいなお顔です。

わたしの顔ってどんなだったの~~~!?
気になる気になる~~!
我を忘れてたから(笑)。

fantaさん

こちらこそ、見守ってくれてありがとうございます。
なんか、今日はすごい開放感の中、過ごせました。
うれし~とかありがと~とか気持ち良い~とか、ずっと叫んでいたい気分でした^^。

毎日毎日、いろんな学びがあります。
気づきがあります。
人生サイコー!です(笑)

うなさん

ありがとう!!!できたよ~~!
うれしいです。

ご飯、絶対食べにきてくださいね!
腕上げて待ってるから。
あ、もちろん良いお店も揃えておきます(笑)。

robizoさんのご飯、わたしも食べたいな!
玄米食べ比べツアーhappy01?ぜひ実現させましょう♪

おめでとうございます!!!
むそう塾in秋田のお話、皆様のブログで読ませていただき、なんか変な言い方ですが人として生まれてこんなあたたかさに触れて幸せって思っています。
ぢゅんさんのご飯、本当に美味しそうです。

オオーw(*゜o゜*)w おめでとうございます!
(* ̄∇ ̄)/゜・:*【祝】*:・゜\( ̄∇ ̄*) フタ開け!!(笑)

これでまた玄米炊きの楽しみが増えますね。
カセットコンロの火加減ですか・・・
一方方向だけではなく、いろんな面から考え直してみるってこと、すごく大事で、でも気づきにくいものですよね。
私も自分を振り返ってそう思います。
瞬時に多方面を見ることが出来、気づく力、私も身につけたいなぁと思いました。
それにしてもmyさん、心強い味方ですね〜〜〜素晴らしい〜
ぢゅんさんの物マネ、見てみたいです(爆

祝!開鍋ヽ(´▽`)/
おめでとうございます。
感動が伝わってきました。

あきらめない、全力で生きる輝き☆に勇気をいっぱい頂きました。
ありがとうございます。
私も輝く生き方、あきらめない生き方をするぞ~~!
これからがもっともっと楽しみですね♪

感動をありがとうございました。

mizutamanaoさん

ありがとうございます!!
全国の皆さんがこの鍋から生まれるご飯の行方を見守ってくれているんだなと思うと炊くたびに感謝の気持ちでいっぱいです。

ご飯、美味しそうにみえますかhappy01
うれしいです。
励みになりました!

akiさん

ありがとうございますhappy02
できないと思い込んでいたことができるって、すごいテンション上がります、人生において。
そしてそのできる瞬間はふっと訪れるのですね、誰かの手によって。
だから人とのご縁、大事に感謝しなきゃいけないと改めて思いました。
人は一人じゃありませんね。

まだまだ視野が狭く、甘ったれなわたしですが、みなさんに成長させていただいています^^。

わたしモノマネはするほうでされることはなかったんですけど!!すごく気になってるんです!!(笑)

shararaさん

>祝!開鍋
ってお言葉、きっと史上初ですね(笑)。
ありがとうございます。

今までのわたしは強いフリをしてどっかで何かをあきらめていたことに気づきました。
ほんとの強さって弱いところを認めて克服することだったなと。

それにあきらめないときは辛いかもしれないけど、きっと見ていてくれる人がいるんですよね。
その暖かさに気づきました。

こちらこそ、ありがとうございました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 命名♪ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ