« すっきり! | トップページ | 姉っぽい? »

2010年4月23日 (金)

いまの見解 長くなります

福岡に来て9ヶ月が終わろうとしています。
いまだ松葉杖が手放せず、実家でお世話になっている身です。

秋田を出るときに受けた診察では
内科・・・リウマチの再燃
整形外科・・・股関節の微細骨折 でした。
この時点で全然見解が違うので対応も変わってくるし、二つの見解が自分の体の様子と異なっているのも勘でわかっていました。

福岡で新たに検査を受け
内科・・・リウマチ症状は落ち着いている、止まっている
整形外科・・・骨の異常は無い、骨粗しょう症もみられない
と診断を受けました。
安心はしたものの、体は動かず、動かすと激痛があるのも変わりません。

なぜなんだ?なにが原因?脳の損傷?神経の新しい病気?と悩み悩んだ8ヶ月。
4月になってひとつの可能性が見えてきました。

それは“薬害”。
今まで10数年、体に入れてきた薬の副作用だということです。

いま通っているオステオパシー(整体のようなものです)の先生が4ヶ月わたしの体を診てきて行き着いた結論です。
また同時期に別の病院の医師からも同じ見解を聞きました。

オスの先生いわく、筋萎縮性・・・や神経性・・・という病であったら、筋だけではなく筋肉が硬直するそうです。
でもわたしの場合、スパゲッティでいうアルデンテのように、芯の筋だけが硬直しまわりの筋肉は柔らかいままだとのこと。
これは薬害以外は考えられないとのことでした。

それからわたしもネットで調べたら、同じような症状を治している医師のHPにたどり着きました。
この副作用がでる薬は痛み止め、炎症止め、睡眠導入剤などが書かれていました。
痛み止め、炎症止めはリウマチの診断を受けた19歳のときから飲み続けてきた薬です。
自律神経免疫療法に出会って、2年前からやっと手放すことができていますが、10年以上飲み続けてきました。
その副作用がいま出ている、というのがいまのところ辿り着いた見解です。

リウマチと診断を下した医師もそれを受け継いできた10人近くの医師たちも、一人として副作用の話はしませんでした。
10数年前はわかっていなかったことかもしれません。
人によるのかもしれません。
わたしが勉強不足と言われればそうかもしれません。
だから恨み言は言いません。

ただ、いま、そしてこれから、自分には薬が必要だと感じたら、その前に10年後のことを考えてみてください。
10年後元気で笑って暮らせる選択かどうか、いまの苦痛だけを取り除く安易な決定ではないか、考えてみてください。

いまわたしは原因がわかったことで希望が見えています。
やるべきことが見えてきました。
10数年溜めてきた薬害を体の外に出すには時間と努力が果てしなくかかるでしょう。
それでも100%サポートしてくれる家族と、信頼できるプロ集団に支えられていることで、不可能はないと思えます。

この見解が正しいかどうかはわかりません。
誰にでも当てはまることではないかもしれません。
それでも、ブログに書こうと思ったのは、違う状況、環境の悩みでも、追求する気持ちがあれば納得できる結論にたどり着けるということを伝えたかったからです。
そして納得できる結論にたどり着ければ、行動が起せます。

八方塞で、明日のことも想像が出来ない状況にいても、一筋の光は存在する。
それをみつけましょう。
苦しいと下を向いてしまっては見えてこないけど、でも上を向いたら涙ににじんだ目に光が揺れるかもしれません。

わたしは今回のことで自分の弱さを知りました。
そしてその弱さをまだ克服できていません。
体の回復はこの弱さを克服した先にしかないだろうと思っています。
昔、気功の先生に言われました。
“すべてを自分のせいにしてごらん。そしたら結果も自分で出せるよ”と。

わたし、結果、出してみせますね。
一緒にがんばりましょう。



« すっきり! | トップページ | 姉っぽい? »

コメント

私の母は、リウマチだけど、ぢゅんちゃんと同じ年齢に薬を飲み始めて、結局よくならず、結婚する数年前に薬をやめました。
こどものころ、母が手の痛みで寝ていた時期があったよ。
今でも忘れられないけれど、母は「寝てるけど元気なんだよ」と話していた思い出があるよ。
変形はあるけど、今は激痛になることもなく、プラス反応もでない状態です。(少し痛みやしびれはある)以前の痛みや今、手が変形しているのは、リウマチの進行と言うより、もしかしたら薬の副作用かもしれないと最近になっていっていたよ。そして、症状や反応が出たけれどリウマチでなかったのかもしれないとも。リウマチは医療技術がすすんだとはいえ、実は正確な見分けるのが難しく、それゆえ、リウマチでない病も誤診ゆえ強い薬を処方して副作用の連鎖を生んでしまうんじゃないかと話していた。ぢゅんちゃんの話を読んでいたら、母の状態や話がストンと腑に落ちたよ。ありがとう!私がチビの頃、アトピーになった時、ステロイドの処方を避けたいと母が皮膚科の先生に頼んでくれたのは改めて感謝するばかりです。今度母にあったら手をさすってあげよう!!!

オスの先生には一瞬笑った。確かにオステオパシーはオスだね!押忍!押忍!(つまらんー)

弱さを知っている貴方には弱さとか強さとかを超えて
輝いていますshine
努力には必ずご褒美がまっていますclover

遠い空より精一杯応援しますheart04

ぢゅんさん久しぶりです。
この日記を読んで思わず涙してしまいました。
私は首と左手の腕にアトピーのような湿疹ができて一年半たちます。
私もステロイドを飲んでいたので、その副作用というか排毒だと思い、ひたすら薬を塗らずにカサカサになったときには椿オイルを塗ってしのいできました。でもあまりに長いし、そろそろ首や手を出したくなる季節なので、弱い薬でもいいから病院に行って処方してもらおうかな、と弱気になっていたときに、このぢゅんさんの日記を拝読させていただいて、勇気をもらいました。
今負けて薬を使ってしまったら、いつかまたその副作用が出るということですもんね。
「一緒にがんばりましょう」という言葉が私に向けて言ってくれたように感じてしまいました。
ぢゅんさんのほうが私なんかよりずっとずっとつらいのにね。
ありがとう。

ぢゅんさん、お久しぶりです。
最近5年かけてステロイドを抜いた方と知り合いました。薬のリスク、それを抜く難しさ、を痛烈に感じています。そして生活の中で体とどのように向き合っていくか、勉強と体験中です。
私の知ったキーワードは「酵素」と「糖鎖」です。
夫が20年蓄積しているステロイド、そしてアトピーとして見せてくれている体や心からのサインを、少しずつ癒していきたいと思っています。
ぢゅんさんの体と心が、いい方向へ癒されていきますように。

痛い時に
辛い時に
そのままを、隠さず言える事が、
多くの人の光になると・・・。

ありがとう。

<ちょっと、駄文Upしたました。>

ぢゅんさん こんにちは。
医療では薬を中心に治療がなされていて、その効果に目を向けるけれど、害についてはまだまだ解明されるところにないのでしょうか。
その部分を支えるように助けてきたのが民間療法などで、大切に残されてきたものかもしれません。
病気が増えたのではなくてほんとうに良かったですね。
ぢゅんさんの身体がいよいよ(害を)出したいと動き始めたのですね!
がんばりましょう。

BR_GIRLちゃん

お話聞かせてくれてありがとうね。
お母様のお言葉、とても納得できます。
実はわたしも自律神経免疫療法の先生とオスの先生(笑)にはリウマチじゃないかもと言われました。

たしかにリウマチの診断は昔は問診の結果を頼るものが多かったし、人によって進行が様々だから判断は難しかったよね。
私の場合、札幌時代一番弱い抗リウマチ剤でアナフェラキシーショックが出たのも、リウマチじゃなかったからかもしれないなと最近思っています。

でもこれからだね、何事も。
過去は取り返せないし。
お母様はご自分の体で感じたことを、BRちゃんのアトピーで生かしてくれたんだね。
感謝感謝だね。

shararaさん

お言葉ありがとうございます!

何かあるたびに気づきはありますね。
それで幸せの意味にも気づかされます。

みんなみんな、今日より明日が輝いていますように!

応援有難うございます!

ミクママさん

今回、寝返りが打てないことでお尻の骨付近にちょっと床ずれのようなものが出来たんです。
昼間はかゆいし、夜は痛いし。
そのとき、アトピーの方はどんなに辛いだろうと思いました。

みんなそれぞれ抱えているものは違うけど、きっと目指している方向は一緒ですね。
笑って暮らせる、幸せを感じる、これに向かって何を選択すればいいかなのかなと。

いつか幸せ報告会、しましょうね!

mizutamanaoさん

お久しぶりでございます!
お話聞かせていただきありがとうございます。
酵素と糖鎖、調べてみます。

ご主人様は心強いですね、naoさんかそばにいらっしゃって。
わたしは本人よりそばにいてサポートする人のほうがどれだけ覚悟と忍耐がいるだろうと思っています。
その思いにこたえなければならないなと。

ご主人様とご家族のご健康をお祈りします。

803さん

自分でも言葉にしていいものなのか、だいぶん悩んだ挙句にネガティブにならないように書ける時期にきたので書いてみました。

読んでいただき、ありがとうございました!

まりこさん

コメント頂き、ありがとうございます!

薬に限らず、病の治療というのはほんとに信頼できる医師との出会いにかかっているのではないかと思います。
そしてその出会いは真剣に求めないと得られない社会なのだと。

わたしも病歴は長いですがその間に民間療法のプロフェッショナルとの出会いも増え、心強く思っています。
あとは害をだすのみ!
がんばりますね。

ありがとうございます!

遠く離れていて、今できることが無いけど、
気持ちで、応援しています。

           papa

papaさん

できることがないなんてこと、ないんですよ~!
papaさんのがんばりや真摯な姿、そして家族の笑顔に向かって進んでいる様子すべてがわたしの励みになっています!

いつもありがとうございます!

母にぢゅんちゃんの話をしたら、
自分と同じように感じた人がいたことをいてほっとしたみたい。そして、ぢゅんちゃんのことを応援しているよと。
何もかもこれからだね。
ぢゅんちゃん、ありがとう!

強かろうが弱かろうが、
私にとってぢゅんちゃんは
そのまんまでぢゅんちゃんだよ☆

離れているのは距離だけ。
心はいつもあのときのように
ひとつのテーブルを囲んでいるよ。

というわけで、押忍!押忍!(応援団風)


私も「酵素」と「糖鎖」について調べてみようと思います
>mizutamaさん、ありがとう。

ぢゅんさん、お久しぶりです。
薬。。似たような経験があります。
ぢゅんさんの決意に力をいただきました。
お幸せをお祈りしております。

BR_GIRLちゃん

わたしもお母さんのお言葉を聞いて、すごく納得しました。
この記事を書くまでにも書いていいものかどうか、かなり考えたのだけど、お母様のお話を聞けただけでも、よかった~!と思いました^^。
どうぞよろしくお伝えください!

BR_GIRLちゃんの応援、いつも心に届いているよ~!
ありがとうねhappy01

おはるさん

お久しぶりです!
かわいいお名前に改名されたんですね♪

病と向き合うより、治療や薬と向き合う(医師と向き合う)ほうが大変なのかもしれませんね。
でも、気づいただけでも前進だと思って、可能性に向けてがんばりますね。

こちらこそ、いつもありがとうございます!

はじめまして。
いつも拝見させていただいていました。
今日こちらに来てこの記事にとても感銘を受けました。
わたしは全然体の症状とは違うのですが、
同じ気持ちです。
「薬害を出すには時間と努力がはてしなくかかるでしょう」
とっても真摯に向き合っている姿に、前向きに頑張っている姿に、私も頑張ろうと、思いました。
ありがとうございました。


ゆらりんさん

はじめまして!
ご訪問&コメント頂き、ありがとうございます。

ゆらりんさんのお言葉で書いてよかったなと改めて思いました。
病だけではなく、いろんな課題が人生にはありますね。
そんなとき、一人ではなく、この空の下に頑張っている人がいっぱいいて、お互いに影響を受けているんだと思うと心強いです。

人生には波があって、頑張りどころも安らぎどころもちりばめられていると思うんです。
無理せず、でも全力でがんばりましょうね。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すっきり! | トップページ | 姉っぽい? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ