« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月20日 (日)

六年前・・・

六年前の今日、福岡西方沖地震がありました。

わたしは療養のため実家に帰省していて、地震にあいました。
布団でぐだぐだしていたら、夫から「起きた?」「まだ?」といつになく何度もメールが来ました。
はいはい、起きますよと布団から出て廊下に移動した瞬間、立っていられない揺れが襲いました。
這うようにして居間に行き、父と母と抱き合い、何が起きているのかわからないまま、
あ・・・死ぬんだな・・・。
そう思いました。
怖くなったのは揺れがおさまり、部屋の様子が目に入ってからでした。
わたしが寝ていたまくらの上には重たい石の彫刻が落ちていました。

いま、被災地の方たちは命が助かった喜びをすぎ、悲しみや恐怖や不安が押し寄せるように心に襲い掛かっている時期なのではないかと思います。

いまはかける言葉も見当たらず、ただただ無力を感じます。
でも、ひとつだけ事実を届けたい。
福岡震災で一番被害が大きかった玄界島のみなさんはいま、見事に復興し、そして今日、東北のみなさんのための募金活動をしていました。

人間の力を信じましょう。
ともにがんばりましょう。
明日は来ます。

2011年3月16日 (水)

不可能を可能に・・・

110315_133838_2青いバラです。

バラは青の色素を宿すことができないといわれていました。

でも、人間の情熱とバラの生命力で、青いバラが生まれました。

不可能は可能になりました。


不可能は可能になる。

人間の情熱を
人間の生命力を
人間の気高さを

信じましょう。
発揮しましょう。

不可能は可能になる。

2011年3月15日 (火)

福岡県物資提供受付について

福岡県庁の福祉総務課が受け付けている物資提供の件ですが、現在受け付けているのは

『紙おむつ』のみだそうです。

現地からの希望にそって随時受け付けているそうです。

まとまった数があれば登録し、そのものの希望が現地からあれば県から連絡があり、品物を県に届けるといった形です。

うちはカイロ段ボール一箱とカロリーメイト段ボール一箱を登録しました。

現地でほしいものと、送れるものが一致することが難しそうなので、とりあえず残りは義援金にいしてNHK福岡局の募金箱に寄付しました。

2011年3月13日 (日)

物資提供受付について

福岡県で明日から物資提供の動きがはじまります。

詳しくは件のHPをご覧ください。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a01/kyuenbusshi.html

まずは提供できる物資を伝えて、その後、連絡を受けてから届ける形だそうです。

福岡のみなさまへ

被災地の方々へ何かできないかと思っていたら、物資を一括して預かって下さる会社の情報が入りました。
午前中に入り、もう午後には善意の物資が膨大に集まり、受付終了となったそうです。
送る手配をしてくださった会社も、実際に物資を持って駆け付けたみなさんもすごい行動力です。

うちも買い物してきたのですが、受付終了ということで他の方法を探し、市役所のHPを見ました。物資を送るのはなかなか難しいようです。

以下、高島市長のつぶやきを抜粋します。
『福岡市民の皆さん。個人やお店、会社やグループで義援金を集めるのに協力して頂けませんか。自分達で募金箱を作って、集まった善意を14日月曜日以降に福岡市役所7階北側の防災危機管理課までお持ち頂ければ幸いです。領収書を発行することも出来ます。みんなの気持ちを集めよう!』

被災地のみなさんのため、復興の為、できることを考えるのがわたしたちの役目です。
お金も、物資も、情報も、パワーも、なにが被災された方々の力になるかわかりません。
小さい事と恥じずにできること、ひとつひとつ行動に移しましょう。
それに今辛いみなさんを助けるためにも、いま元気なみなさんは健康を保つことも役目の一つです。
みんなで乗り越えましょう、繋がりましょう。


2011年3月 7日 (月)

治療の帰りに・・・

先日、オステオパシーの治療の帰りに車の中からすごい人を見ました。

車いすにバックミラーをつけて後ろ向きに進んでいるんです。
最初は方向転換をしているのかと思っていたんですが、ずっとそのまま歩道を移動していました。
よく見ると手が車輪には届かない様子で、片足は動かないようでした。

片足だけで、地面を蹴って進むためにはこの方法だったのでしょう。
たった一人で移動していらっしゃいました。
なんだか、雷に打たれたようにショックを受けました。

わたしはオスの先生に「まだ股関節が動かない」とか「腕はそれ以上無理」とか言ってばっかりで、現状を嘆いて、今できることに目が向いていなかった。
まだまだ足りなかった。

車いすで外に出るだけでいろんな危険があり、恐怖もあるだろうに、できることを工夫してやり遂げている人を見て、目が離せなくなりました。
そんなわたしの視線を感じたのか、なぜかそのおじさんは横断歩道を渡る前、わたしに会釈してくれました。

ありがとう、おじさん。
やれること、がんばります。

2011年3月 4日 (金)

筆ペンを使う

最近、日記を書くのに筆ペンを使っています。
きっかけはオットのご祝儀袋の名前書きを頼まれた時、上手に書けなかったこと!
ただいま握力ゼロのワタシ。
筆で書くときのはらいやはねが流れてしまって、バランスが取れなかったんです。
これはいけないなとその後、文字を書くたびに注意しています。

筆だと腕の動きも重要になるし、リハビリになると昔やっていた写経も再開しました。
(びっくりしたのがいま写経のお手本ってディスカウントスーパーの文具売り場に200円であるんです!)

今日は写経のほかに広告の裏の白いのに(探せばいまでも意外とあるんですよ^^)名前や住所を練習しました。
でもそればっかりってのもなんだし、ほかの字も練習したいなと、ほかの広告の目についた文字を片っ端から書いていました。

“おいしいもの市”とか“限定販売”とか“人気の品ぞろえ”とか。
結局、これもあんまり日常では使わないかな~^^。

筆で文字を書くようになって気が付いたのは、ゆっくり文字を書くことはもちろんだけど、それに合わせて深く呼吸ができていることです。
手のことばかり気にしていたけど、実は呼吸が整う効果の方があるかもしれない。
血流もよくなるし、精神も穏やかになります。

いま、日常のいろんなことがリハビリです。
楽しくできたらいいなと思っています。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ