« 121212 | トップページ | 名作の映画化を観る »

2012年12月13日 (木)

うちの常備お茶

“ぢゅん流健康法”第二段はお茶です。
うちには常にお茶にできる葉っぱが4種類くらい確保されています。

12131一つ目はヨモギ。
今日、ちょうど母のご友人が畑で摘んで持って来てくれました。

ヨモギはリウマチに良いと言われ、ずっと飲んできたお茶です。
主な成分はタンニン(アレルギー予防)、クロロフィル(血液サラサラ)、シオネール(リウマチ、冷え症、貧血)だそうです。



二つ目はビワの葉。
これは母の庭で収穫できます。

主な成分はアミグダリン(ガン予防、肩こり、腰痛)だそうです。
生理学の先生だった祖父が「膀胱炎の時はビワの葉のお茶を飲みなさい」って言ってたので、ちょっと調子があやしくなったらすぐに飲むと1~2日で治まります。

三つ目は桑の葉。
主な成分はデオキシノジリマイシン(血糖値の抑制、咳止め、便秘解消)だそうです。

四つ目はドクダミ茶。
これもお庭から取れます。
主な成分はクエルチトリン(強い利尿作用、血管を柔軟に)、イソクエルチトリン(血液サラサラ)、カリウム(ナトリウム排出)、デカノイル・アセルアルデヒト(殺菌、蓄膿症)。
そのほかにも、毛細血管の強化、膀胱炎予防、高血圧予防、冷え症などに効果があるそうです。

うちではひとつのお茶を飲みすぎないようにブレンドしています。
今日は貧血気味だからヨモギ多めとか、今日は膀胱炎気味だからビワ多めとか。

わたしは薬害を早く体の外に出したいので利尿作用の強いこのような野草茶を意識して飲んでいます。体が動かしにくい分、汗で出にくいので。
痛いから痛み止め!と思っていたころは身体も冷えて、血液もドロドロでした。
いまはちょっとの不調はお茶でなんとかなる体になりました。

それぞれに香りや味が違うのも野草茶の好きなところです。
お気に入りの野草茶で体も元気になったらいいですよね。

12132
今日頂いたのは半分乾かしたぐらいの葉で、置いているだけでまだまだヨモギの香りがふわ~とします。
この香りだけで癒されますヽ(´▽`)/。


« 121212 | トップページ | 名作の映画化を観る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 121212 | トップページ | 名作の映画化を観る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ