« 平熱は37.0度が常識!? | トップページ | 素晴らしきメイド・イン・ニッポン! »

2012年12月20日 (木)

沖縄角力に涙した夜

昨日、何気なく見ていた『ナニコレ珍百景』。
沖縄のすもうの話があったんです。

沖縄の北大東島では中学三年生になると父親と沖縄角力(すもう)をとるそうです。
「なんで~^ ^?」と笑ってみていたのですが、理由を聞いて号泣。
この島には高校がなく、中学を卒業するとみんな親元を離れるそうです。
そのとき、「ぼくはこんなに大きくなりました。行ってきます!」という意味で・・・ではなく!!
「お父さんはまだこんなに強いんだ。安心して行って来い!」という意味で相撲を取るらしい。
だからお父さんは絶対勝たなくてはいけないって(T^T)

もう、なんて素敵な風習なのでしょう!
親心をこんなにもストレートに表現し、それを早いうちに受け止める子供達は道を踏み外すはずがない!と思いました。

負けた子は「高校で大きくなって、またお父さんに挑戦しに帰ってきます!」と(T^T)

いやいや、胸が熱くなるお話でした。

« 平熱は37.0度が常識!? | トップページ | 素晴らしきメイド・イン・ニッポン! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平熱は37.0度が常識!? | トップページ | 素晴らしきメイド・イン・ニッポン! »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ