« うちの鏡開き | トップページ | 『人生はワンチャンス!』ご紹介 »

2013年1月12日 (土)

風に吹かれて♪

ここ三日連続でボブ・ディランの『風に吹かれて』が目の前に現れる。

一日目はテレビで政治の話をしていた時。
政治家は“いくつ耳をつけたら、彼らの泣き声が聞こえるのだろう”と。
二日目は借りてきたDVD。
大好きな『アヒルと鴨のコインロッカー』の予告編。
三日目はNHKの番組で。
お笑いのワッキーがサハラ砂漠マラソンに参加する番組のBGM。

みっつとも全然違うシチュエーションだけど、すごく合ってた。
名曲ってそういうことなんだろうね。
いろんな場面でいろんな人のいろんな気持ちに添ってくれる。

この曲はわたしの人生にも特別な思い出をくれました。
高校の時、日本史の先生が授業中に流してくれた曲。
受験生だったのでほかの生徒はいわゆる“内職”をしてた。
日本史が受験科目じゃない人もいっぱいいたから。
先生は知ってか知らずか、授業の初めにいつも一曲、名曲を流してくれた。

わたしはそんな先生が大好きで、よし、この先生に恩返しだ!とテストをがんばった。
そしたらほかの科目も頑張る気になって、そのときのテストは学年で上から数えられるくらいの高得点が取れた。

うちは進学校で受験シーズンはピリピリした雰囲気だった。
先生は曲を流すことで“人生はもっと深い、人生はもっと広い”ってこと教えてくれてた気がします。

文化祭でバンドを組んでいた私は先生に聞かせてもらった曲を演奏することを告げた。
(それはボンジョビだったけど)
そしたらわざわざ私たちの出演時間を調べて、学校の奥の音楽室まで聞きに来てくれた。
そして卒業の時には一年間で聞かせてくれた曲たちのテープをくれた。
反骨精神や、自由とは何ぞや、自分の道って、とか、あの頃本当に知りたかったことは教科書の外にあったなあと思う。

でも、もっと勉強もしておけばよかったと思うけどね、テヘペロヾ(´ε`*)ゝ 。

« うちの鏡開き | トップページ | 『人生はワンチャンス!』ご紹介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うちの鏡開き | トップページ | 『人生はワンチャンス!』ご紹介 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ