« 松葉杖、その後 | トップページ | ガンバルンバ♪ »

2013年1月24日 (木)

自律神経免疫療法の新見解

先日、レントゲンの診察がありました。
まあ、基本、レントゲンは現状を確認するためのもので
整形外科の先生のいうことは聞かない方針でやってますけど(なんちゅう方針^^?)
今回も案の定、「左ひざはもう軟骨がすり減っているので、良くなることはありませんね。」と
いう診断だった。
でもこんな言葉はもう慣れっこで、しかも何度もその“常識”を覆しているので
母と二人で心の中で「そんなことないもんね~♪」と思いながら聞いていました。

帰って自律神経免疫療法の小川先生にすぐ結果報告。
「分子整合栄養医学的には、蛋白を始めとする十分な栄養素を補給することによって
腱板が再生されることがわかっています。従って十分な栄養素の摂取より軟骨が再生する
ことがわかっております。今まで通り料理を工夫して、美味しく、楽しく食事をしてください」
という言葉をもらいました。

ほおらね、やっぱり!
人間の自然治癒力のポテンシャルはわかっているよりすごいのだ!ということを改めて感じたのでした。

« 松葉杖、その後 | トップページ | ガンバルンバ♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松葉杖、その後 | トップページ | ガンバルンバ♪ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ