« ほい!また福がきた! | トップページ | 五年日記、到着! »

2013年6月19日 (水)

福岡大空襲

今日はリハビリの日でした。

隣のベッドからお話が聞こえてきました。
女性「福岡大空襲の時はね・・・」
その一言が聞こえてきてからずっと耳を傾けていました。

お話の内容はこうでした。
1945年の今日、その方は小学二年生だったそうです。
見上げると焼夷弾が空いっぱいを埋め尽くし逃げても逃げても追いかけてくる。
「なんで大人は誰も得せん、戦争みたいなことをするんやろ。」
逃げながら、子供ながらにそう思っていたそうです。

それから二ヶ月、長崎に原爆が落ちた。
お知り合いのおじちゃんが電車の運転手で朝早く「長崎に出張や!」と出て行ったきり、戻ってこなかった。
それから何度も長崎に行く機会はあったけど、いまだに長崎原爆資料館には行けない。
「怖かあ〜、思い出すもんね…。」
とおっしゃっていました。

体験した人の話というのは、一言一言がズシリときます。
私がリハビリ終わった時にはもういらっしゃらなかったけど、この場を借りてお礼を言いたいと思います。
貴重なお話をありがとうございました。

戦争を起こさない大人であることを誓います。

« ほい!また福がきた! | トップページ | 五年日記、到着! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほい!また福がきた! | トップページ | 五年日記、到着! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ