« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

自律神経免疫療法 ~Oリングテストのお話~

札幌のアスティ歯科クリニック小川先生の治療を受けてきました。
(アスティ歯科クリニックの詳細はこちら♪
http://astydentalclinic.wix.com/astydc#!shoukai/cipy

小川先生の話はいつもワクワクします。
え~、体ってそうなってるの?医学ってそうなってるの?って話がいっぱい聞けるのです。

今回一番面白かった話は“Oリングテスト”の話。
オーリングテストとは、薬や治療法が自分の体に合うか合わないかを判断する一つの方法です。
簡単に言うと、左手に薬を持ち、右手の中指と親指で輪っかを作り、その輪っかを引っ張ったときの離れやすさで判断する代替医療の診断方法です。
小川先生のところでは間に助手さんが入る、もう少し複雑な方法を取ります。

で、私が札幌に行く前の週、先生はそのOリングの国際シンポジウムに出席するためにセルビアに行っていたそうです。
えー、セルビア!?どこ!?って感じ。

先生曰く、「いま、セルビアとかドイツとかは治療医学より予防医学の方が進んでるんだよ~。お灸とか鍼とかすごく発展してるんだよ~。」って。

現在の医学は戦勝国のアメリカがお金になる治療法ばっかり進めて、結局経済の弱い国が莫大な医療費を抱え、大変なことになっている。
今回もセルビアの元大統領が、本当に必要な薬を本当に必要な量だけ治療に使うよう、その判断をOリングでしよう!という活動をし、シンポジウムを開いたとの事でした。

じつに面白い!
科学の最先端が、人間の感覚に戻ってきている!
そんな感じを受けました。



2014年10月28日 (火)

リフォームリング、お届け♪

004_480x640
 「古いアメジストのリングがあるんだけど、サイズもデザインも合わなくなって・・・、そういうのでもなんとかなりますか?」というご質問を受け、「なりますよ!」とお答えしてお作りしたリングが完成いたしました^^。

そういう場合、わたしは台から石を外す技術がありませんので、街のジュエリー屋さんに行ってはずしてきてもらい、石だけになったものをお預かりしています。

このアメジスト!とーってもカットがきれいだったんです。それでできるだけ石に光が当たるよう工夫してデザインしました。

手渡しでお届けしたのですが、「キッラキラ!!」「今日から頑張れそう!!」と大変喜んでいただけました。
そのお言葉でわたしもがんばれそうです^^。





********************
作品詳細は下記のサイトをご覧ください。

『幸せのしずくウェブショップ』

http://happydrops.cart.fc2.com/

********************

2014年10月27日 (月)

行ってきました!

お休み中、こちらに行ってきました!

10272
食べ物だけで、わかりますか?
はい!正解!札幌です♪

自律神経免疫療法の治療に行ったのですが、あらら?結構、満喫してますね。
治療でのお話はまたゆっくりしますhappy01

2014年10月20日 (月)

秋休みのお知らせです

勝手ながら下記の日程で秋休みを頂きます。


maple『幸せのしずく』秋休みmaple

10月22日(水)~10月25日(土)

この間はウェブショップ運営と、メール対応を休止させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

2014年10月18日 (土)

新作に向けて

10183
なんともかわいい淡水パールが届きました。

新しいシリーズはこちらの石をメインにしようと思っています。
クリスマスプレゼント用に間に合うよう、シリーズを完成させるべく、いま試作しています。

新しい技法も練習中なんですが、これがなかなかどうして、すすみません^^;。
回数重ねるのみですね。

来月、お披露目できるといいなと思っています。

シリーズの名前だけ先に決まりました!
“希望の芽”シリーズです!



今年のお正月に発表したシリーズが“希望の種”シリーズでした。
美しいクラック入りのシャンパン水晶に出会って、シリーズ化しました。
この種が栄養をいっぱい吸って、小さいけれどたくましい、希望の芽を出したイメージで今年のシリーズを進めたいと思います。


以下は前回の“希望の種”シリーズの作品です。

10181 10182

2014年10月17日 (金)

秋のドライブ(田主丸町へ)♪

昨日は福岡県久留米市田主丸町に行ってきました。
田主丸町と言うと有名なのはカッパhappy02
幻かと思いきや、結構いましたよ。

ほら♪

10171
いろんなところに堂々と出没していました^^。

田主丸は棚田もあり、農産物の特産品がいっぱいあるところなんですが、このたびはワイナリー&レストランに行ってきました。

10172 

いやあ~、緑いっぱいで清々しいところでした!
ほんとは山の中だし、段差もある、坂もある、舗装もない、と車イスで行くには過酷な状況のはずなんだけど、ま~~ったくストレスなかったんです。
レストランの方の対応も自然で穏やかで、とっても心地よく時間を過ごせました。
やはりバリアフリーって、心なんですよね。
たしかに蔵の中とかは入れなかったけど、それでも充分、森林浴だけでも大満足でした。

10173
お土産に買ってもらったワインは『若摘み巨峰の白ワイン』。
もう香りが良くて、甘くて、とーってもおいしかったです。

10174
久留米市田主丸町にお越しの際はお勧めです♪

『森のレストラン ホイリゲ』
http://www.kyoho-winery.com/restaurant_shop/


2014年10月10日 (金)

オーダーメイドの靴屋さん

オーダーしていた靴が出来上がりました!

10102_2今回は黒のパンプス系です。
今までは足の指の変形や魚の目などが痛くて痛くて、とても履けなかった形。

でも今回履けるようになりました。
小さいところが少しずつ治ってきているのかな。

いつもは何度も何度も仮縫いで微調整してもらうんだけど、今回は一発OK!
嬉しい限りです!

『野田靴屋』さんに出会って、もう10年以上経つかな?
わたしの外出事情が劇的に変わっただけでなく、わたしの変化も見てもらえているので安心してお任せできる、いわば強い味方的存在です。 

わたしの主治医に「靴屋さん教えて!」と言われたので野田さんをご紹介しました。やはり病気で市販の靴が難しい人はいっぱいいるみたい。
最近は足の長さが違うため、肩を斜めにして歩き、体に負担をかけている人が多いのだとか。
靴底やヒールの高さで調節し、肩をまっすぐにして歩けるようになると見違えるように表情まで明るくなる方がいるそうです。
靴も大事な相棒。
『野田靴屋』さんは足の型取りからしてくれる完全オーダーメイドのお店です。
熟練の技でどんな希望も叶えてくれます♪

ちなみに今回のオーダーメイド靴は35000円+消費税でした。
一生履ける相棒としては充分すぎるコスパだと思います。


『野田靴屋』さんのHPはこちらです。
http://www1.odn.ne.jp/~s-booska/

2014年10月 9日 (木)

猿たちの世界

昨日、リハビリの先生に面白い話を聞いた。

お休みの日に家族で大分県の高崎山自然動物園にいったそうな。
ここは野生の猿を餌付けしていて、自然な状態で猿を間近にみられる面白い施設。
わたしも小さい頃行ったけど、そのころはただただ怖くて近づいてくる猿より、キーキー言ってた気がする。

で、先生は高崎山に感動し、帰ってきていろいろ調べたら面白いエピソードがあったって。
こんな話です。

高崎山の猿はA群、B群、C群の3つに分かれていてそれぞれにボスがいた。
B群はいつの間にかボスが不在となり、消滅。
ある日、A群が餌場を独占しようとしたため、C群が立ち上がろうとしたがボスが怖がり、A群を追い払うことができない。
そんなとき、C群の中の下っ端(名前はベンツ)が勇猛果敢にA群に単身で攻撃!
見事、A群を撃破し、餌場を取り戻した。

C群のボスは自分のふがいなさを恥じ、自らボスを辞職し行方をくらました。
じゃあ、C群のボスは誰がなるか?このベンツでいいのか?となったとき、C群のメス猿たちが猛反対!
このベンツ、女癖が悪いと評判だったらしい。

でも、このベンツの女癖の逸話がまた面白い。
実はベンツはかつて消滅したB群のボスだった。
ボスだったがC群の若いメス猿に恋をし、ボスの地位を捨て、C群の下っ端として細々と暮らしていたらしい。

そんなときにA群との抗争がはじまる。
愛する家族のため、ベンツは立ち上がる。
そして見事、家族と群を守る。

そしていざ、C群のボス決めというとき、今度はC群のオス猿たちが立ち上がる。
“俺たちのリーダーはベンツだ!”“ベンツがC群を守ったんだ!”と一致団結。
その結果、メス猿たちも従うことになり、ベンツがC群のボスに!
そして高崎山の一番強い群はいまのところC群ということになっているらしい。

どうよ!この物語!なんてドラマチック!
映画『猿の惑星~創世記~』の世界、案外近くにあるのかも!

2014年10月 6日 (月)

怖い夢をみる

わたしは比較的頻繁にカラーで夢を見ます。
だいたいはその日話したことやテレビで見たことのアレンジで、単純脳だなあと思いながら起きるのですが、ときどき、“なんでこんなの見た!?”っていう内容があります。

半年ほど前、こんな夢を見ました。

わたしはある小屋のようなところに寝かされています。
わたしのまわりを冷たい目をしたあまり表情のない人達が囲んでいました。
みんな、見覚えのない人達です。
わたしは重い体を起こし、「ここから出よう」と決意します。

小屋の戸を出ると枯れすすきの草原の中に一本道があり、そこをひたすら進みます。
でも、体が重い・・・。
ひきずるようにして体を前へ動かしていたら、ぼとり・・・。
右足が抜け落ち、血が噴き出します。
そして左足が、ぼとり・・・。
歩けなくなります。

腕で這うようにして進もうとしたら、ぼとり・・・。
生暖かい血の感触とともに腕が落ちます。左腕も・・・。
「あ~、このまま進んだら頭も落ちて死ぬんかもしれない・・・。」と思ったけど、行けるところまで行きたいという気持ちが勝って、なお進もうとします。

次の瞬間、パ~っと目の前が明るくなり、血まみれだった体が光のシャワーで洗われたようにきれいになり、手足も元に戻って走るように体が動く・・・。

という夢です。オカルトですね~。
カラーで見るもんだからよけい怖かった。
汗びっしょりで起きました。

『どろろ』って手塚治虫さんの漫画があるんですが、その子は手足が無く目も見えない耳も聞こえない状態で生まれてきます。そして妖怪をひとつ倒すごとに義足や義眼が本物になっていくというお話です。
なんだかこの朝、それを思い出し、この子の気持ちが胸にしみてわかる気がしました。

たぶん人ってどんなことであれ、重荷を背負って生きている。
それをただの荷物と愚痴って一生を過ごすか、運びきったところに何かがあると信じて進むかで、人生の色合いが変わってくるんだと思います。
そしてきっと運んでいるものが宝物だと思えた時に、人生の勝者になるんだと思います。

ま、人生は勝ち負けではないと思うけどね。
でも人と比べる勝負ではなく、己に勝つ勝負ではあるかなと思う今日この頃です。

怖い夢って時々、なにか教えのようなものをくれるなあと思います。
そして怖い想いをした分のご褒美も、ちょっとあったよ。
だから怖い夢を見たときはしっかり分析して、希望を見出す答えにたどり着くまで考えましょう!

480x640****************

作品名『高天原』

~人にはたどり着きたい理想の場所があります~


『幸せのしずくウェブショップ』にて掲載
http://happydrops.cart.fc2.com/ca9/47/p-r9-s/

****************


2014年10月 2日 (木)

こどもの可能性

“こどもの可能性は無限大!”って良く言うじゃないですか?
あれって、ほんとなんですよ!ってことを今年の夏、体感しました。

夏休み、山形の実家で夫の妹さん家族と久しぶりにゆっくり過ごしました。
わたしが車いすや松葉杖や、見慣れないものをいっぱい持ちこんでしまうため、びっくりしないかな?だいじょうぶかな?と思っていました。

そしたらね、小学校二年生の姪っ子ちゃんが

「ぢゅんちゃんが〇〇のお家(東京)から、ばっちゃんち(山形)まで歩いたら、三日くらいかかる?」って言うの。

ひょえ~~~~って衝撃を受けました。
それまで「なんでこの棒(杖)使うの?」「どこ痛いの?」「なんでスプーン?カレー食べるの?」っていっぱい質問受けてて、全部正直に答えていたから、わたしとしてはなんとなく“ぢゅんちゃんは何もできない人”って感じで思われたかな?って思っちゃってて。

そしたら、考えもしなかった可能性を示唆されてね。
度胆抜かれました。

こどもってほんとに可能性が無限大なんだ!って。
“できない”ってこと、考えないんだなって。
ぢゅんちゃんは汚い大人になり下がっていたよ・・・と反省。
それから二日間、「できない」って言わないことにした。
「やってみるね!」「がんばってみるね!」って言ってたら、姪っ子ちゃんたちが「やってみて!」「がんばって!」って言ってくれて。
小さなことなのに、すごい達成感を得られて、幸せな日々でした。

日常に戻ってからも、「あ~、無理!」って思ったらすかさず、東京山形間を歩くイメージをして、「いやいや、なんとかできるはず!」って思い直しています。

ちびちゃんたちに大きな可能性を教えてもらって、「なにかできるはず」という意識が強くなりました。
ありがとうconfident

996

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ