« 夏休み終了~~! | トップページ | コーヒー豆が好き »

2015年8月20日 (木)

訪問リハビリってなあに?

今回の介護保険生活では、「訪問リハビリ」を経験してみました。

おうちにリハビリの先生が来てくれる、なんとも楽ちんなサービス。
今回は一回お試しという体験でした。

いつも病院でやっているリハビリのように、ベッドに横たわり大きな関節を動かす練習や負荷をかけて筋肉を作る動きなどをやることを想像していました。
でも違うんですね、訪問リハビリは。

訪問リハビリの特権は“家に入れる”ということ。
なので家の中でどんな動きをするか確認し、それをより快適により安全に行う練習をすること、それが訪問リハビリが目指す“生活リハビリ”ということだそうです。

今回のお試しではトイレの行き方、お風呂の入り方、ベッドの起き上がりなどの動作を確認し、その都度大量の写真を撮っていました。
「次回、アドバイスできるように考えてきます!」と言われました。

なるほど~。
病院で機能を上げるリハビリと、訪問で生活のクオリティを上げるリハビリ。
どっちもやれるのはまたひとつ、新しい可能性が増えることかもしれません。

ヘルパーさんに訪問リハビリの感想を話していたとき、「訪問リハビリのサービスを受ける人は少ないのよ」という話を聞きました。
なんで?というと、障害認定が重度の人はリハビリどころではないし、軽度の人は保険の点数が少なくてリハビリに回せないということらしいのです。
たしかに訪問リハビリの点数はヘルパーさんより高い。そしてついでにご飯の用意をしてもらえるわけでもない。そこに点数を使うのは難しいかもしれません。

でも自分の家で少しでも体の機能をうまく使って快適に生活するためには、プロの視点は必要なわけで。少しでも動ける人ほどそれは大切なわけで。その辺、考慮してもらえませんかね、厚労省さんよ、と言いたい。

生活って時間を消費するだけではなく、なにかしら生産しながら過ごしていくものだと思うんです。
やってもらうサービスもありがたいですが、自らやることを増やすためのサービスである「訪問リハビリ」がもっと使いやすいサービスになるといいなと思います。









« 夏休み終了~~! | トップページ | コーヒー豆が好き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み終了~~! | トップページ | コーヒー豆が好き »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ