« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月25日 (木)

ASIMO君、マジリスペクト!

手術後はASIMO君ぐらいにはなれるかな~と思って調べたら!

ASIMO君が想像以上に“人”だった件!!

“ASIMO君ぐらい”とか言って、ほんとごめん!!

きみはめっちゃすごかった!!

⑯ 手術の準備 その6 時間のつぶし方篇

人工関節手術への道のりシリーズ

⑯ 手術の準備 その6 時間のつぶし方編


今回、入院は2~3週間。
熱と痛みは4~5日でおさまると聞いております。
と、なると、結構な時間が“自由時間”となるのではないかと。

そこで本を二冊購入しました。
「え!?ぢゅんさる、本読むの!?」とお思いですか?
読みますよ、必要な時は。
でも、本を読むのは肉体的にきついのでできればパソコンで済ませたい派です。

私にとって本は情報や知識を収集するものという位置づけで、それ以外の感情や思考の幅的なものは自分の人生の経験で手一杯なんです、ははは。
むしろ書きたい^^。

でも今回は本。
パソコンね、持っていかないことにしたんです。
まだ股関節の手術だけでは、歩けないし、上半身も動かない状態なので、自分でパソコンをテーブルに出したり、コード繋げたりという作業ができないし。
病院のテーブルって細長くて面積狭いでしょ?
ティッシュやらタオルやら飲み物やら、身の回りのものを置くだけでいっぱいいっぱいだと思うんですよね。

そこで今回は、お友達の記事を読んでピンときた分野の本を購入!
もう読み始めてますが、いいわ~、すきやわ~この取り組み!
今にでもやりたい感じ♪
未来に夢を膨らませながら、空き時間を過ごそうと思います!

25




2016年2月23日 (火)

『ニューボディー』 by 本田圭佑

こんにちは!
本田圭佑よりじゅんいちダビッドソンの方が好きなぢゅんさるです!

ただね~、やっぱり時々ハッとするようないいこと言うのよね、本田。

昨日見かけて、なるほど~~と思った本田の言葉。

本田が膝に全治三か月の大けがした時の話。


「チャンスやと思いましたね。これでニューボディーが手に入ると。」 by 本田圭佑


あきらめない、めげないのは当たり前の基本スタンスで、災いを福となすまで持っていくのが本田かなと。
努力まではみんなできるけど、結果に繋げるにはもうひと声、この発想の転換が必要なのかなと思います。

ケガでも病気でも、変化へのチャンスだと思えたらこんなに強いことないですよね。




2016年2月22日 (月)

春の味♪フキノトウ

食卓にフキノトウがあがりました^^。

221

こんなにちっこかったけど^^。

222
フキノトウはお義父さんとの思い出の味でもあります。

新婚当初、山形に帰省し朝ごはんを作っていたときのこと。
お義父さんが「ぢゅんちゃん、これ、刻んでお味噌汁に入れてくれねか^^?」とお庭で摘んだフキノトウを持ってきてくれました。

九州はあまり山菜を食べる習慣がなくてね。
どうするのかわからなかったら、
「小さく刻んで、お水にはなして、あとはお味噌汁に入れるんだ~」といってお義父さんが刻んでくれたんです。

あ~、山形の男の人は台所にも立つんだなあと思っていたら、お義母さんが
「わ!!おとうさんが包丁持つの初めてみた!カップラーメンにお湯もいれないのに!」って。
お義父さん、真っ赤になってた。

異国から来たほど文化が違うヨメに、一生懸命山形の良さを教えてくれたんだと思います。
そのときからフキノトウのお味噌汁を飲むのが我が家の春の到来になっています。

みなさん、まだ寒いですが、春は来ています!
もうひとがんばり!


2016年2月18日 (木)

⑮ 手術の準備 その5 計測編

人工関節手術への道のりシリーズ

⑮ 手術の準備 その5 計測編

昨日は術前最後のリハビリでした。
先生と「次会うときはこうなる~?」「こうできてる~?」とキャピキャピしながら、話しました。

そんな中、今の状態を計測しておくことにしました。

まずは足の太さ。
一概には言えないけど、筋肉量の増え方の目安になるかなと。

ヒザから上10cmのところ  33cm
ふくらはぎの一番太いところ  29cm
足首の一番細いところ    19cm
体重  39kg

これが歩けるようになったらどんな変化をするか^^。
具体的な数字で確認しておくと目標にもなると思います。

つぎは本日のメインイベント~~~!
10m歩行競争!
競争はしないけど、自分との闘い?

リハビリ室に書かれている10mラインを歩く。
ヨーイスタート!
松葉杖の音が響く・・・。

10mってボルトだったら2秒くらい?
結構長いな~って思いながら歩いたら!
はい、記録!1分6秒!歩数50歩!

自分では1m2秒で、20秒くらいで行けんじゃね?くらいに思ってたから、体内時計ドンだけくるってんねん!って感じ。
やはり理想と現実は大きく違うものだなと思いました。
が、これもまた、理想への過程です。
変化が楽しみ!

昨日は私の先生に3人も学生さんがついて勉強していたのですが、10m歩くとき、4人が私の周りを囲み、同じ速度で歩いていて、(なんか、SPみたいだな!誰からも狙われてないけど!)と思いながら歩きました。
あ、そんなこと考えてたからタイムが遅かったかな^^;?

ともあれ、次回は4月!
術後の計測が楽しみです。


2016年2月16日 (火)

⑭ 手術の準備 その4 自律神経免疫療法的アドバイス

人工関節手術への道のりシリーズ

⑭ 手術の準備 その4 自律神経免疫療法的アドバイス


昨日、札幌の自律神経免疫療法のO先生からメールが来ました。

件名 『手術がんばれ』。
(≧▽≦)。

手術に向けてのアドバイスがいろいろと書いてありました。
ありがたや。

術後の筋肉や骨のためのコラーゲンをつくる、タンパク質、鉄、ビタミンCをしっかり採ること。
はい、がんばります!

あと、全身麻酔は酸素の供給量が問題になってくる。
そこで貧血の改善と肺活量をあげよう!と!
肺活量を上げるための方法は・・・口笛~♪
楽しい思い出や懐かしかったことを思い浮かべるとなおGOOD!と!
あはは!なんか手術楽しくなってきたな。

もちろん科学的根拠も書いてありましたよ。
気持ち良いと副交感神経が優位になって、アセチルコリンが分泌され、免疫力がUPするよと。
そして息は鼻呼吸で!と。

全く違う理由でカラオケはじめたけど、俄然、意味あるかも!と思っております(*^-^)。






2016年2月13日 (土)

カラオケの演習曲を探していたら・・・

カラオケの練習曲を探して、YouTubeを覗いていたら・・・

こんなんみつかって・・・

号泣して・・・

先に進めません・・・

2016年2月11日 (木)

⑬ 手術の準備 その3 動画編

人工関節手術への道のりシリーズ

⑬ 手術の準備 その3 動画編

手術前の通院リハビリの回数はあと二回!
そこで昨日は術前の動きの様子を撮影してもらいました。

術後の様子と比べられる素材になれば、今後の患者さんたちの参考になるかな?と。
普通は人工関節手術は1か所、2か所だけという人が多いです。
私の場合は体中、数か所にわたるのでたぶんレアケース。

“こんな状態だったのに、こんなに動けるようになるの!?”という例になるように、いま動画を撮りまくっています。

それにしても良い時代になりましたね。
昔は動画なんて、まず大きなビデオカメラで撮って、テープをビデオデッキに入れて、テレビ画面に映して。
遠くの人に見せたいときはテープをダビングして、郵送して。
それで見る人は限られてた。

いまは携帯で撮って、YouTubeに投稿すれば全世界の人のパソコンにポンって映るんだもんね。
どんな情報でも瞬時に手に入る。
正しく有効に使わせてもらいましょう!



2016年2月 9日 (火)

目力!!

昨日、新聞広告を見ていたら、な~んか視線を感じる・・・。

コイツか!!!

81

必勝だるまパン!!
応援してくれてるのね。
目にクマを作るくらい。
と思ったけどこれはヒゲかな^^。

82

目力、すごい!!

「みなさん!いろいろがんばるま~~!!」 byだるま


2016年2月 8日 (月)

⑫ 手術の準備その2 カラオケ編

人工関節手術への道のりシリーズ

⑫ 手術の準備その2 カラオケ編

先日、セカンドオピニオンのときに痛切に思ったのは
“声が出ない!”ってことでした。
何を質問しても、手術の恐怖に打ち震える患者の声になってします(´Д`)。

もともと声帯が弱いというのもありますが、シェーグレン症候群の影響で唾液が出にくいため、のどが乾燥するということらしいです。

シェーグレンはこまめに水を飲んで防ぐとして、声帯はもう少し強くしたい。

そこでカラオケ!!
家庭用カラオケセットを買いました。
本体とマイクとiPadとテレビを付属のケーブルでつなぐだけ♪
iPadで選曲したらテレビから映像と音がボーンと出てきます。
お手軽!

が!私の場合テレビを通すと操作が面倒なので
本体とマイクとiPadとイヤフォンをつなぎ、ぜんぶテーブルの上で操作できるようにします。
すると!何が起きるか?

歌詞の画像はiPadに出る(わたしだけが見れる)。
伴奏はイヤフォンから流れる(わたしだけが聞こえる)。
マイクはエコーがかかる(みんなに聞こえる)。

結果!
なんの歌かもわからないようなわたしのガラガラのクソ音痴な歌声だけが!
エコーかかって部屋に響き渡る・・・。
地獄の時間になります・・・。

ははは。ま、これも手術のためだ、耐えてくれみなさん。

83_3
あれ?カラオケの採点って1点満点でしたっけ?
どんだけ声量ないねん(≧▽≦)!

余談ですが・・・
今回購入したのはスマートカラオケという商品です。
公式サイトでは本体セットと1年間歌い放題付きで32800円~。
次に楽天市場で本体セットと1か月歌い放題1400円分付9800円を発見。

結局、Amazonで本体セットと無料30曲付きを発見。
今回の目的は声を出すことなので知ってる曲が2~3曲あればいいやということでこれに決定。
結果、2300円で済ませました。

あらためて買い物は目的と手段を吟味し、とことん選ぼう!と思いました。

















⑪ 手術の準備 その1パンツ編

人工関節手術への道のりシリーズ

⑪ 手術の準備 その1パンツ編



少しずつ手術の準備をしています。

股関節の手術だから、傷口にあたらないように下着はトランクスがいいよという女性患者さんの記事を読みました。

それを踏まえ夫に
「だからパンツも買わなあかんねん♪」といったら
「お疲れブリーフ♪」といわれた。

だからトランクスだってば!
っていうか、それ「おひさしブリーフ♪」しか成立しないから!

2016年2月 7日 (日)

実がついた(≧▽≦)♪

毎年、山形のお義母さんから届く啓翁桜。

どこよりも早く春を届けてくれます。

切り花用の桜でピンクと葉の黄緑色がとーってもかわいい。

289
毎年、黄緑の葉っぱまでしっかり堪能します。

が!今年!はじめて!実がつきました!!

71_2
小さすぎてピントが合わない(≧▽≦)。

72_2
16年間で初めてのことです。

今年は実り多き年になりそうです^^!













2016年2月 6日 (土)

フラジャイル、観てる?

最近の小耳に挟んだ話。

ご主人が病理に勤めている人に
「フラジャイル、観てる?病理ってあんな感じ(^○^)?」 と聞いたら
実際には病理の医師はベテランおじいちゃんばかりで
結果が出たら「ほーい」と渡してくれ「ありがとうございまーす」と受け取るので
あんな衝突はないらしいです。
忙しいけど穏やかな部署らしいです(*^^*)。

ーーーーーーー

でもドラマの中で病気の正解判定率は救急6割と言ってたのはほんとの気がする。
救急で運ばれて明確な診断は出たことないし。
その後の入院中の検査の数はものすごいし。

内科初診で病理判定することもあんまりないと思います。
病理の先生もほとんどはガンの判定だと言ってたし。

すべての症状で病理にまわしてもらえるなら誤診は減るのかな?

日本は出会った医者の質によってその後の運命が変わりすぎる。
と最近、思います。

2016年2月 3日 (水)

ジン♪ジン♪ジンギスカ~ン♪

昨日は両親の結婚記念日でした。
ちょっと前から札幌で食べたジンギスカンの話が出ていて、そういえば夫の先輩にジンギスカン屋さんいたぞ!と思い出し、久しぶりに注文しました。

3
これこれ~!この香り~!
これを臭いなんて言う人の気が知れねえ~ぜ!
といっても、羊肉の臭みを香りにまで高めているのは『ジンギスカンのあんべ』さんの技術でしょう!

厚みのあるボリューミーなお肉は食べごたえたっぷり。
たれはさらっと辛みがあり、野菜ももりもり食べられます。
母は“これからずーっと焼肉のたれはこれがいい”とまで言っています^^。

まだあと、ラムチョップと、牛タンと、塩ホルモンが残ってるんだあ。
ゆっくり味わおう~♪

あんべさんのHPを読んでいたら、羊肉は牛肉の二倍の鉄分があるとか!
手術前にもってこいだ!
最近、流れに乗っているなあ~♪

ごちそうさまでした!

『ジンギスカンのあんべ』さんHP
http://www.anbe.jp/




2016年2月 2日 (火)

樹脂粘土でキャンドル作り(炎編その1)

芸能人は歯が命。
ではキャンドルは?

そう!炎が命です!

よくイラストでロウソクの炎は赤く描かれていますが、実際は違うんです!

243
ほら!ね!白!むしろ白!

これをどう表現するかってことですよ。

で、まずは中心を白の粘土で形作り、その周りに揺らめく灯りをレジンに色つけて表現してみようと考えたわけです。

281
針金をロウソクの芯に見立て、炎より少し小さめに白い粘土を付ける。

282
つぎに発光し揺らめく部分を。
レジンに色つけて。
ここで!はい!しっぱーーーーい!

レジンに水彩絵の具だと不透明になりまーーーす!
もうこの時点で完全に理想とかけ離れましたが最後までやってみます。

283
粘土の周りにレジンをつけて。

284
本体にブスッ!!

285
ほおらね、炎感のかけらもないでしょ?
気を使ったキャンドルホルダーの陶器の質感も、蜜ロウソクの色合いもぶっとばすほどの陳腐な炎の出来上がり。

こりゃどうするかなと思い、いろいろ調べたらみなさん、ミニチュアで本物感を追究するなら炎はつけてないことが判明。

でもねー、あと3つほど、方法を思いついているので、それをやってみよう。

さ、次回『炎と戦う不器用戦士ぢゅんさる!無駄なあがきか!?』です。
お楽しみに!(≧▽≦)















« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ