« まだ終わってないよ! | トップページ | 9月新月ダンス♪ »

2016年8月29日 (月)

健常者対障害者の図式はもう古い!



24時間テレビ、終わりましたね。わたしはNHKの「バリバラ」を観ましたが。

でもね、いずれにしても“健常者~”“障害者~”っていうのは、もういいんじゃないかなあ~。



夫にわざと「妻が障害者ってことで、何か思うところある?」と質問してみました。

「べつに~。なんにも~。ってかなんじゃそりゃ?」という答え。

たぶん、これ、正解。

夫にとってわたしは“ただのぢゅん”であり、“障害者のぢゅん”でも“ぢゅんが障害者”でもないんですよね。

いま世の中の障害者&ご家族って、たぶん多くの人がこんなフラットな感覚で生きていると私は思います。

だってもう21世紀だから。



むか~しむかし、障害は家の恥と隠された。

その昔、障害者はかわいそうなので特別に隔離して保護した。

一昔前、けなげに頑張る障害者をすこしだけ社会に受け入れようとした。

最近、障害者の権利を主張し戦う時代になった。

でもいまはどんな人も行きたい学校に行き、やりたい職業につき、好きな生活をおくれる。

そんな時代になっているとわたしは思いたい。

だってもう21世紀だから。



“目が悪いからメガネかける”と同じくらい、“歩けないから車イス乗る”ってのが普通で

子供が外行きたいって言ったら靴を履かせてあげるのと同じくらい、車イスで買物行きたいって言ったら、はいよ!って押してくれる人がすぐ手配できる世の中だと思いたい。

だってもう21世紀だから。





先日、リハビリ室で学生が模試が近いという話をした。

わたしの先生が「模試、なつかしい!ぼくは模試の前日フラれてボロボロだったけど~。せめて模試が終わってからフッてくれていれば・・・。」と言ったので、わたしが「愛は思いやるものだけど、余裕がないのが恋だからね~。」と言ったら、学生君たちが「メモ!メモ!」とわたしの言葉を繰り返していた。

その後は先生が学生君に「今日はそれ使わないよ?考えた?思いやりは?愛が足りないんじゃない?」ってな感じで注意してて、みんなで笑いながらで過ごしました。

人生って楽しいな~と思いました。こうやってみんなが自分の想いを言葉にして、互いに影響して少し人生を豊かにする。

もしこのとき、みんなが「ぼくは先生」「ぼくは学生」「わたしは患者」とカテゴリーに縛られて過ごしていたらこんな会話は生まれなかったと思う。



だからもう“健常者だから”とか“障害者なのに”とかいらないんじゃないかな。

だってもう21世紀だもん。

さっきから使っているこの言葉は、ある国の(ヨーロッパかな?)の女性議員が過半数になった時、記者が「なぜ女性の議員が増えたのでしょう?」と質問した時の首相の答えです。



“だってもう21世紀だから^^”って。



“女性蔑視をなくそう”という差別感でも

“女性の権利を主張しよう”という闘争心でもなく

肩の力を抜いて、やりたい人がやりたいことをできる時代なんだよということをさらっと一言で言ったオシャレな発言だと思います。



肩の力を抜きつつ、本質を見極めよう。

だってもう21世紀だから(^O^)







ご友人から情報頂きました!!

『2015年カナダで10年ぶりに政権交代を果たした自由党のジャスティン・トルドー首相が、新内閣の閣僚を男性15人、女性15人の男女同数にして話題になっている。』http://m.huffpost.com/jp/entry/8507432

« まだ終わってないよ! | トップページ | 9月新月ダンス♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ終わってないよ! | トップページ | 9月新月ダンス♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ