« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

持久力つけなきゃ!(術後173日目)

金曜日、病院内を車イス無しで!というミッションをクリアして調子に乗っちゃってσ(^_^)、今日は家から一番近くのコンビニに車イス無しで行ってみました。

は、は、吐くかと思ったあ〜〜( ;´Д`)

病院との大きな違いは、道路にはイスが無い!ってこと。
病院内は至る所にイスがあるでしょ?
あ、ここで休憩!って、すぐ休める。
でも道路にはイスが無い!
当たり前だけど。

そして、着いたー!と思ったゴールのコンビニにもイスが無い。
ヒザが曲がってる状態で全体重支えてるから、太ももパンパンになる。

それでも、行けたことはいけた。
商品を見る余裕は残ってなかったけど(*^^*)。
先日の東京デイズの訪問リハビリでの強行散歩が効いてるよ〜、先生(^_^)v。

次はヘルパーさんたちとサミット行けるかも〜♪
明日は熊本行ってきます!




2016年10月27日 (木)

念願かなって♪(術後169日目)

福岡に戻って

水曜日はリハビリ通い~♪
金曜日はリウマチ内科~♪
月曜日は熊本へ行き~♪術後の検診受ける~♪
チュラチュラチュラチュララ~♪
って感じな病院三昧の日々です。

昨日のリハビリでは念願の屋上散歩ができました。
屋上を歩いている患者さんを見て、「あんなに歩けるといいなあ」と思ってたんだあ。
整形の先生にも「だいぶん、歩くのが板についてきましたね。まだまだ伸びしろありますよ~」と言われました。

昨日、お義母さんに冬休みは夫ちゃんと帰ります!と言ったら
「冬。。。だいじょうぶ~?」と言われ
だいじょうブイ(^_^)vと約束したので、少しでも歩ける距離を増やしておかないと!
雪道は車イス使えないからね。

先週の東京生活がかなりの自信になっているので、この勢いでハードル上げるぞ(^O^)/

2016年10月21日 (金)

初めての台所♪

東京はアツい。
気温も暑いけど、パッションも熱い。
この一週間、ヘットヘトだけど何かが動いている気がしてワクワクが止まらない。

昨日はヘルパーさんと二人で台所に立ちました。
まだ立ってただけだけど。
ちょっと混ぜたりするのを手伝っただけだけど。

夫が好きな料理『きゅうりのグラタン』をわたしのレシピで作ってもらいました。
ここ数年ではじめて、自分の味を自分の家で食べた気がした。
やっと何かの一歩が始まった気がしました。

以前、介護ヘルパーさんVS芸人さんというテレビのコーナーを見た。
介護ヘルパーさんが芸人さんに「私たちの仕事は何をすることだと思いますか?」と聞いていた。
芸人さんは「オムツ変えたり、お風呂入れたり?」と答えた。
ヘルパーさんは「そうですよね。そうイメージされる方は多いです。でも私たちの仕事は“どう生きたいか”をサポートすること。そして“どう死にたいか”をサポートすることなんです。」と答えていました。

お風呂やオムツ、食事の介助などは、どう生きたいかを追究していく上での、ただの方法だと。

まさに!そう!
わたしは自分が介護サービスを受け始めたときから、このことは感じていました。
わたしがやりたい生活、時間の使い方、大事にしたいこと、それを全力で整えようとサポートしてくれる、それがヘルパーさんだと。

「介護の仕事が“きつい、汚い、暗い、辛い”と言いすぎたのはマスコミ。介護の仕事は人生を理想に近づけるスーパーマンなんです。時には医者にできないこともできる。」とその人は言っていました。

人生で分厚く高い壁がドーンと立ちふさがった時、「こんな方法があるよ」と言ってくれる人がいることがどれだけ光を与えてくれるか。
それは家族かもしれないし、医者かもしれないし、リハビリの先生かもしれないし、ヘルパーさんかもしれない。

ヘルパーさんを頼むことが不幸だと思う時代はもう終わりでいいんじゃないでしょうか?
いろんな人がいろんな生き方を選べる時代になった。
それをだれとどんなふうに過ごすか、“幸せ”を基準に考えていいんじゃないかと思います。

昨日、ヘルパーさんとキャッキャッとガールズトークしながら台所に立った時間は、とってもハッピーな時間でした(#^^#)。

1021

2016年10月18日 (火)

東京デイズ、再開!(術後159日目)

術後初めての東京デイズ。
ワチャワチャとはじまっております(≧∇≦)。

スタートの月曜日は、ヘルパーさん2人、ケアマネさん、車イスリースさん、訪問リハビリ先生、両親とものすごく人口密度高し(≧∇≦)。

まだ2日目の火曜日。
長い1週間になりそうだなあ(*^^*)。

梅ヶ丘来たらやっぱコレよねー、の夫作朝ごはんと美登利寿司!






2016年10月12日 (水)

サンキャッチャー新作♪

あなたの痛みを
引き取ることはできないから
全力で祈ります。

あなたが
やりたい事を
やりたい時に
やりたいだけやれる喜びを
感じられますように。

新作・サンキャッチャー



2016年10月 8日 (土)

まずは食うべし!

足のリハビリから、生活復帰のリハビリへ移行してきたので10月は東京の自宅で生活してみることにしました。
まずは一週間。

ヘルパーさんもお願いして準備万端なのですが、今回は家事も積極的にお手伝いしたいと思っています。

人間、なにをおいてもまずは食わねば!ということで、行く前に調理をしてみているものの出来上がったものがクッソまずいcrying
口に入れると「はあ~~~(`Д´)!?」って言いたくなる。
「なんでじゃい!!」とぶちぎれながらも、心当たりはいくつもあるので、ひとつずつ解決していくしかない。

心当たりその1  “7年のブランクで勘が鈍っている”
これは数をこなすしかないのでおいおい戻ってくるでしょう。
献立も“食べたいもの”ではなく“作れるもの”で考えるので、満足度が低い。

心当たりその2  “7分しか立っていられないので作業が細切れになる”
足の持久力がついてくればもうすこし段取りがスムースになるでしょう。
切っては休み、鍋に火を入れては休み、調味料を入れては休み、盛り付けの頃にはヘロヘロ。これも徐々に改善するでしょう。

心当たりその3  “握力、ピンチ力(指)が弱いので、包丁がうまく使えない”
どんな料理でも切り方ってすっごく大事なんですね。
“こう切りたいけど、こうなっちゃった”の連続で料理を進めていくと調味料など関係なくなるくらいまずくなるのね~。

心当たりその4  “握力、ピンチ力が弱いので、調味料が適量入れられない”
フライパンに油を入れたいけど、重い。
お鍋に醤油をタラッと足したいけど、キープする力が足りずドバっと出る。
回し入れたいけど肘が動かず一か所に入れちゃう。
これではね、やはり、味は変わってくると思う。

心当たりその5  “好きなお皿が使えない”
好きなお皿が重くて扱えない、好きなお皿が上にあって届かない、好きなお皿が下にあって届かない。
腕や手首の可動域が狭いので手が届く範囲が狭いです。
味は見た目もおおいに大事。

とまぁ、あげたらきりがないくらいの確固たる“まずくなる理由”があるのですが、自分の家ではひとつずつ改善していこうと思い、まずは“調味料を上手に入れられるように”、調味料入れを買い直しました。

ポイントは、わたしの腕力でも持ちあげられる大きさであること。
わたしの指の変形でもホールドできる形であること。
全部、手元の一か所に置いておけるサイズであること。
以上を踏まえて購入したのがこちら。

108
あら♡ かわいいじゃないの~♪(ニトリで購入)
液体用4つと粒用2つ。
フタある方がいいとか思うけど、私の場合、そのフタを開けるのも一苦労なのでそこで時間をとられると“7分の壁”が迫ってくるしね。
ここはひとつ、“わたしが使いやすい”に特化しました。
これで調味料に関するストレスは解決できたはず。
あとはおいおい改善方法を探っていきます。

それにしてもウルトラマンってすごいな。
3分で地球守っちゃうんだもんね。
「7分あるなら地球2個守れるよ。」って言われちゃいそうhappy02




2016年10月 3日 (月)

術後5カ月を過ぎて

十月になりましたね。

手術をしたのが遠い昔のようです。

最後の手術後、五カ月が過ぎたのでリハビリを週三回受けられる期間が終了しました。

十月からは週一回のペースに戻ります。


 
この五カ月はひたすら足を自分の足にする練習、立つ、座る、歩く練習をしてきました。
 
でも先生に言われました。
 
「リハビリって本当は“社会復帰”という意味なんですよ。」と。
 
今までやってきたことはあくまでも基礎。
 
ここから日常生活、社会復帰に応用していかなければ。
 
ハードルがぐんと高くなります。

いまひとつひとつ、家事をやってみています。
 
一から十までひとりでできることはなにもありません。
 
それでも、工夫しながら昨日よりは今日と、できることが増えていくのがうれしいです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ