« 術後5カ月を過ぎて | トップページ | サンキャッチャー新作♪ »

2016年10月 8日 (土)

まずは食うべし!

足のリハビリから、生活復帰のリハビリへ移行してきたので10月は東京の自宅で生活してみることにしました。
まずは一週間。

ヘルパーさんもお願いして準備万端なのですが、今回は家事も積極的にお手伝いしたいと思っています。

人間、なにをおいてもまずは食わねば!ということで、行く前に調理をしてみているものの出来上がったものがクッソまずいcrying
口に入れると「はあ~~~(`Д´)!?」って言いたくなる。
「なんでじゃい!!」とぶちぎれながらも、心当たりはいくつもあるので、ひとつずつ解決していくしかない。

心当たりその1  “7年のブランクで勘が鈍っている”
これは数をこなすしかないのでおいおい戻ってくるでしょう。
献立も“食べたいもの”ではなく“作れるもの”で考えるので、満足度が低い。

心当たりその2  “7分しか立っていられないので作業が細切れになる”
足の持久力がついてくればもうすこし段取りがスムースになるでしょう。
切っては休み、鍋に火を入れては休み、調味料を入れては休み、盛り付けの頃にはヘロヘロ。これも徐々に改善するでしょう。

心当たりその3  “握力、ピンチ力(指)が弱いので、包丁がうまく使えない”
どんな料理でも切り方ってすっごく大事なんですね。
“こう切りたいけど、こうなっちゃった”の連続で料理を進めていくと調味料など関係なくなるくらいまずくなるのね~。

心当たりその4  “握力、ピンチ力が弱いので、調味料が適量入れられない”
フライパンに油を入れたいけど、重い。
お鍋に醤油をタラッと足したいけど、キープする力が足りずドバっと出る。
回し入れたいけど肘が動かず一か所に入れちゃう。
これではね、やはり、味は変わってくると思う。

心当たりその5  “好きなお皿が使えない”
好きなお皿が重くて扱えない、好きなお皿が上にあって届かない、好きなお皿が下にあって届かない。
腕や手首の可動域が狭いので手が届く範囲が狭いです。
味は見た目もおおいに大事。

とまぁ、あげたらきりがないくらいの確固たる“まずくなる理由”があるのですが、自分の家ではひとつずつ改善していこうと思い、まずは“調味料を上手に入れられるように”、調味料入れを買い直しました。

ポイントは、わたしの腕力でも持ちあげられる大きさであること。
わたしの指の変形でもホールドできる形であること。
全部、手元の一か所に置いておけるサイズであること。
以上を踏まえて購入したのがこちら。

108
あら♡ かわいいじゃないの~♪(ニトリで購入)
液体用4つと粒用2つ。
フタある方がいいとか思うけど、私の場合、そのフタを開けるのも一苦労なのでそこで時間をとられると“7分の壁”が迫ってくるしね。
ここはひとつ、“わたしが使いやすい”に特化しました。
これで調味料に関するストレスは解決できたはず。
あとはおいおい改善方法を探っていきます。

それにしてもウルトラマンってすごいな。
3分で地球守っちゃうんだもんね。
「7分あるなら地球2個守れるよ。」って言われちゃいそうhappy02




« 術後5カ月を過ぎて | トップページ | サンキャッチャー新作♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 術後5カ月を過ぎて | トップページ | サンキャッチャー新作♪ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ