2017年10月17日 (火)

新しい手帳の準備!

手帳の下ごしらえ、終わりました!

《その1》
手に入れたその日から使いたいので、2017年の10月11月のカレンダーを書き込む!




《その2》
ページ番号をふる!
目次を作るためです。



《その3》
表紙に大好きなPavilioのレーステープを貼る!
今年はあえての白on白!






《その4》
Midoriのポケットシールを貼る!
すぐなくなるフリクションの替え芯や定規を入れるため。






《その5》
過去手帳からの引き継ぎページをコピーして貼る!
結構ある。




《その6》
インデックスが手帳からピョンととびだすのが嫌なのでシールで代用!





さあ!これで、使いやすい手帳になったはずです!!

え?かえってめんどくさくなってないかって?
いえ!「めんどくさいと手間をかけるは違うのです!」と言い聞かせてやりました(≧∀≦)


iPhoneから送信

2017年10月12日 (木)

畳のヘリバッグ♪

お義母さんからプレゼントが届きましたあ♪
畳のヘリで作られたバッグです!

母には黒の大きめ。
わたしにはピンクのバッグ。

実は二人とも2つ目♪
2年前にもらった1つ目も全然バテない!汚れない!丈夫!

そして何より軽いのです!
「ぢゅんこさんには軽いのがいいかと思って♪」とお義母さん。
ナイスチョイスです!お義母さん♡
最近、自分のバッグは自分で持つ練習をしてるので、この軽さは有難い!

そして、最近、全国で畳のヘリバッグは作られているのですが、ここの工房のデザインに惚れています。

オーダーメイドも受け付けてくださるそうです。
工房をお訪ねの際にはご希望の日をお電話してからおいで下さいとのことでした!
よろしくお願いします。
自称、山形県村山市観光大使より(≧∀≦)。










iPhoneから送信

2017年10月 7日 (土)

わたしの手帳⑥ 気を取り直しました

え~、手作り手帳の大失敗から早二日。
気を取り直しまして~。

“わたしに必要な手帳はなにか?”という課題に再度立ち返りました。

そして譲れないポイントだけをピックアップ。
優先順位はこうなりました。

1位 ピタッと開く!(できれば糸かがり製本)
2位 自由度の高さ!(月間カレンダーとメモだけがいい)
3位 できるだけ軽く!(今の手帳206gより軽くしたい)
4位 ページ数は100~200で!

こう決めただけでも世の中の数ある手帳の中からかなり絞られます。

そして試行錯誤した結果、以下の三つまで候補を絞りました。

○コクヨ ドローイングダイアリー ライト  ¥1944
糸かがり製本ではないが開きはよい
大きさ:A5変形、158ページ、200g
内容:月間カレンダー + 方眼メモ
※ページ番号が振ってあるのがポイント高し

○無印 開きやすいノート  ¥500
とにかく開きやすい
大きさ:A5、A6あり、192ページ
内容:方眼 or 罫線 あり
※ノートなのでカレンダーなし

○MDノート ダイアリー ¥996~
糸かがり製本
大きさ:文庫(134g)、新書(152g)、などあり。175ページ
内容:月間カレンダー + 罫線 + 無地

ここまで絞りました。
あともうひと絞り!




2017年10月 5日 (木)

わたしの手帳➄ 勉強になりました。。。(T_T)

残暑が過ぎたばかりですが、北風が吹いています。
どこに?わたしの心に。。。

取り組んでいた手作り手帳、撃沈しました。。。

いろいろやりました。
カレンダーを貼ったり、過去の手帳から引き継ぎたいものをコピーしたり、罫線を足したり、目次を書いたり。。。

すべてやって、「さあ!使ってみよう!」と記入し始めたら。。。
つ、つ、使いにくい。

欲ばったのがいけなかったのかな。
裏表にしたらいちいちひっくり返すのが面倒になった。

おしゃれを目指したのがいけなかったのかな。
蛇腹が切れそうで開けるたび、気を使う。

スリムを意識しすぎたのがいけなかったのかな。
書きたいけど、ページを気にしすぎで、省略しすぎて文がヘンになる。

構想1週間、手仕事3日のチャレンジ、撃沈!完敗しましたcrying
さようなら、憧れの手作り手帳。
さようなら、赤いアコーディオンノート。
ひと時の夢をアリガトウ。。。

P.S.みなさまへ せめて、せめて笑ってください!!





2017年10月 4日 (水)

わたしの手帳④ 大誤算!

ノートが届くまでに、いろいろとシミュレーション。

14.4cm×20.4cmの紙にレイアウトを書いてみたり。
『48枚つづり』と書いてあったから、じゃあ48×2で96ページ。
そして蛇腹になっているので、私の場合、裏表使うからほぼ200ページあるのね!
じゃあ、あれに何ページ、これに何十ページ♪と計算してみたり。

そうこうして疑似手帳が脳内にできあがったころ、新しいノートが届きました!
うちは来年のノートは夫が買ってくれるルールがあって、『来年は山櫻のアコーディオン』と伝えていたら、10/1に届きました!
わたしが「やりたい」と思ったことを来年まで待てる性格じゃないことをよくご存知で(^.^)。
え~え~、10月から始めますとも!始めたいときに始められるのが手作りの醍醐味ですから!

わあ~、赤なのね!
やる気満々!
わあ~、思ってたより断然薄い!軽い!
さあ、疑似手帳を当てはめてみよう!

えっ?ん?
全然、ページが足りん!!

わあ~~~~、そうだ!!

おわかりいただけただろうか・・・、そう、48枚つづりは96ページ。
蛇腹にしたからと言って裏表二倍になるのではなく、

96ページなのだ。。。

アホだ。。。しばし、ぼーぜん。

夫にもう一冊頼むか。。。いや、荷物を減らすという趣旨に反する。
あ~、あんだけやったシミュレーションがパーなのか?
心折れそう。

だけど来期の手帳の最大のテーマは『スリム化』。
そう!ここがゴールだ!

一晩、「いや待てよ、あれを小さくしよう」「あれは手帳に書く必要があるのか?ない!」など会議をしたら、考え抜いていたと思われていた方針が、さらに磨き上げられました。

悟りました。


“ゴールさえブレなければ、辿り着く方法は絞り出される”ということを。

ということで、方針が決まり、心が落ち着きましたので、実践に入ります!

次回、『やっと手仕事開始!』です!お楽しみに♪












わたしのテーマ “ 俯瞰 ”の文字が♪


2017年10月 3日 (火)

わたしの手帳➂ 本当に必要な中身はなあに?

一日一ページの手帳。
これは重くても簡単に持ち運べ、毎日手帳に向かう体力や時間が芳醇にあったころの私にとってはすてきなアイデアでした。

でもいまはできるだけシンプルに。
必要なことを、最小限の労力でできることがわたしのベスト。

だから一冊に必要なページをギュッと詰める。
自分が見やすく、使いやすい順番で。
そして過去のノートで身についた習慣や、引き継ぎたいページを忘れずに。
大事なのはルールじゃなくて、心!ということで自由度もプラス。

そんなことを考えながら、この一週間、新しいノートのシミュレーションをしました。
「月の日付けは縦書きは慣れてないんだよね~、カレンダーの方がしっくりくるね」
「そのページはどんどん書きたいから余白をいっぱい取ろう」
「これとこれは同じページにあった方が絶対わかりやすい」
と会議しました。

え?だれと?はい、ひとりです。脳の中です(≧▽≦)。

そんなこんなで、ついに新しいノートが手元に届きました!
次回、『わたしの手帳④ なにはともあれ書いてみよう』です。お楽しみに♪




2017年10月 2日 (月)

わたしの手帳➁ 理想を考える

わたしが手帳に求めるものをとことん考えてみました。

・スケジュール帳、家計簿、日記など数種あるノートを一冊にしたい
・持ち歩ける重さ、サイズにしたい
・最低限必要なものを添付したい(定規、ペン、替え芯、名刺)
・月の予定はカレンダー式
・書きたいことを書きたいときに書きたい容量かける
・何かを貼っても扇型にブワッと肉厚にならない
・めんどくささを排除する
・使わないフォーマットのページができないように
・時短のためにページがすぐ探せる

こんな感じでしょうか。

バレットジャーナルのサイトを見ると、専用のノートがあるらしい。
ん?
作った人のサイトを見ると、KEY?トラッカー?バーチカル?
ん?ん?
言いたいことはわかる。
何かをするためには大枠のルールが必要。
でも、やはりわたしには必要ないかなと。

そこで、自分の理想を忠実に形にするべく、次に考えたのは、ノートの形でした。
バレットジャーナルでは方眼を推奨している。
が、わたしは無地か、罫線がよいかな。
あと、開いたページが勝手に閉じるのがいやなんです。
それと上に挙げた「何かを貼ってもブワッと太らないこと」。

だったら蛇腹になってるノートはどうだろう?と思い、検索するとありました。
それは“御朱印帳”。
なるほど、まさしく蛇腹、形は理想ぴったり。
でも、なんていうか、その~、精神が重い。
いくら怖いもの知らずの私でも御朱印帳にスケジュールは書けない。
もっと、フラットで、無色な精神でいきたい。

そしたら、見つけました!
山櫻という会社の「アコーディオンノート」!
私のバッグに入るA5サイズ。
何かを貼りやすい。
開いたら勝手に閉じない!なんなら巻物のように開ける!
無地タイプも、罫線タイプもあり!
見た目が至ってシンプル!

ノートはこれに決めました!

次回、『本当に必要な中身はなあに?』です。お楽しみに♪









2017年10月 1日 (日)

わたしの手帳① 手帳変えます!宣言

先日、夫に「ぢゅんさる、ほぼ日やめるってよ」ばりに宣言をしました。
10数年愛用していた『ほぼ日手帳』。
毎年、これが当たり前でここを変えるなんて思いつきもしなかった。

でもここ数年
“身も心も持ち物もシンプルに”というのがテーマにあった。

ある日フッと
「テチョウ、カエロ」と降りてきて(≧▽≦)
「それもありか!」と思い
でも既製品ではぴったりくるものが見つからない気がして
「よし!作ってみよう!」と思うまでに
たぶん、0.5秒くらいしかかかってないと思う。

で、調べました。調べるの好きだから。手作り手帳を。
そしたら「レザークラフトで世界に一つの手帳を♪」とか出る。
違う違う!外身を作りたいんじゃないのよ。
つぎ!「カルトナージュでおしゃれかわいい手帳♪」とか出る。
だから!中身!中身!デザインはどうでもいいのよ!

すると
“バレットジャーナル”の文字が!
これだ!
世界はもう手作り手帳の時代なのか!?と思うほどの盛況ぶり。

でもみなさんの“作品”を見ると
「文字はカリグラフィーで♪」とか
「マスキングテープでかわいくデコ♪」とか
「イラスト用に60色入りサインペン買いました♪」とか。

ふ、不似合い。。。
昔の私ならいざ知らず、いまのわたしとはキャラ違いすぎる。
これはきっと私の手には負えない。
っていうかシンプルはいずこへ?
心折れかけました。

でもね、本場バレットジャーナルの動画を見ると、やっぱり“手作り”がメインテーマなのではなくて、“手帳術”なんですよね。
頭をすっきりさせる手帳術。

よし、気を取り直して!
“わたしの わたしによる わたしのための手帳”を目指してみよう!

次回!『わたしの手帳➁ 理想を考える』です。お楽しみに♪



2017年8月 1日 (火)

掃除機できたよ♪(右ひじ術後38日目のこと)

今回の腕の手術の病院では、手術前と手術後に大量のアンケートに答えました。

その中に「家事ができますか?」という質問がありました。
手術前も手術後も「非常に困難を感じる」に○。

でも、帰ってきて一個、家事できるようになりました!
それは掃除機かけ。

できるようになった要因は
1.ものを持って歩けるようになった足の安定感アップ
2.ものを支えられるようになった腕の力アップ
3.スイッチを押せる指の力アップ
4.掃除機をニュータイプに買い替えた

じつは、4の要素が大きいんですが(^^;)。
だって普通の掃除機だと「コンセントをさす」というしょっぱなの作業でアウトだから。

今回、購入したのは“充電式クリーナー”です。
充電器さえセットしてもらっておけば、コンセントをさす必要はなし、総重量1.1kgで持ち運びも楽々です。

今はまだ右手は支えている役目ですが、そのうち、右手だけでスイスイ~っと動かせるようになるかも♪
ひとつずつ、できる家事を増やしていきたいと思います!

2017年7月30日 (日)

どこでも補高クッション〜♪


わたしはヒザと股関節の可動域が狭いため、立ち上がれるイスの高さに限界があります。
そして、お外のイスはまあ、低い。
だから外出先のイスでも立ったり座ったりが自由にできるように持ち運びクッションを作りました。
(いや、父が作ってくれました^o^)

◯用意するもの
・バッグ(岡大グッズ、生協で税抜1300円♪)
・床クッション材(100円ショップ)
・滑り止め(100円ショップ)
・両面テープ
・ハサミやカッター





1、床材をバッグの大きさに合わせて切る
2、両面テープでずれないように一枚ずつ止める
今回の高さは8cmに。



3、バッグに滑り止めを貼る





4、バッグに入れる

てぃりり、りっりり〜〜♪
どこでも補高クッション〜♪

低いオットマンにのせてみる。
座り立ち成功。



木のベンチの場合、バッグが滑って危ないので、滑り止めが効いてます。




いつか電車のイスでも試してみたいなあ(^^)。



iPhoneから送信

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ