2013年2月 5日 (火)

痛みをとる方法

今日も福岡、雨でした。
以前は気圧が下がると体中に針を刺したような、そしてその部分が燃えるような痛みを感じ、ベッドから起き上がれなかったな~(遠い目)。
今では季節、気温、天候、なんの関係もなく動ける体になりました。

そんな痛みを感じていたころに自律神経免疫療法の小川先生に教わったこと。
“痛みを抑えるには二つしかない。血流を抑えるか、血流を促進するか”と。

血流を抑えるには“冷やす”。
たとえば湿布、氷、そして薬。
突発的な痛み(捻挫とかやけどとか)は冷やして痛みを取るほうがいい。

血流を促進するには“温める”。
たとえば温湿布、お風呂、マッサージ、ショウガなどの温め食材。
慢性的な痛み(リウマチ痛など)にはこちらじゃないと根本の解決にはならないよと。

でもわたしはずっとリウマチの痛みを薬でとろうとしていたんです。
そのため、血流は限りなく元気がなくなり、体はお風呂のお湯が冷めるほどギンギンに冷えていました。
そこまで体が冷えると内臓も動かないし、筋肉も動かなくなるのは当然ですね。

で、小川先生に“薬をやめるのは大変かもしれないけど、先をみると血流をよくする温める方法がいいんだよ”と言われました。

それから数年。
今では、冬もお布団の中はポカポカ、湯たんぽもまったくいらなくなりました。
内臓も元気になり、栄養が入る入る。(最近、ちょっと栄養入りすぎですが^^;)
そして血流の悪さから起きていた数々の症状(魚の目、痔、頻尿、頭痛、生理痛、しもやけ)がいま一切なくなりました。

時間はかかったけど、痛みすぐ薬!という方法を変えてよかったなと心底思います。

2012年12月19日 (水)

平熱は37.0度が常識!?

ぢゅん流健康法第三話は体温についてです。

先日、自律神経免疫療法の小川先生と電話で話した時の事、
小川先生「最近、体温どう?」
わたし「はい!36.5度あります!(意気揚々)」
小川先生「ダメだよ!37度ないと!」
わたし「え~~~~!?」
小川先生「36度代でいいっていうのは日本だけだよ。もう世界じゃ37度が常識!」

ん~~、ここまでくるのも結構大変だったんだけどな~。
洗面器のお湯が瞬時に冷めるくらい手足が冷えていたころに比べると、冬にお布団パタパタするくらい体温が上がったのは驚異的だと思うけど、まだまだなんだって。

で、今年、ポカポカアイテムをひとつ増やしました。

12191ユニクロの「ウォームイージースカート」。
薄ーいダウンの巻きスカート状のものです。
いまいろんなお店にあるタイプみたいだけど、値段とデザイン考えたらわたしはここになりました。

リハビリ行くときはズボンの上に腰に巻く。
パソコンするときは肩にケープとして羽織る。
ひざ掛けにもいいみたい。

薄いので長時間身に付けても重くない。
重宝しています。

体温は下げてしまうと上げるのが大変なので、下がらないよう維持する工夫をすると徐々に平熱が上がるみたいですよ。

これで37度、目指してみます!

2012年12月13日 (木)

うちの常備お茶

“ぢゅん流健康法”第二段はお茶です。
うちには常にお茶にできる葉っぱが4種類くらい確保されています。

12131一つ目はヨモギ。
今日、ちょうど母のご友人が畑で摘んで持って来てくれました。

ヨモギはリウマチに良いと言われ、ずっと飲んできたお茶です。
主な成分はタンニン(アレルギー予防)、クロロフィル(血液サラサラ)、シオネール(リウマチ、冷え症、貧血)だそうです。



二つ目はビワの葉。
これは母の庭で収穫できます。

主な成分はアミグダリン(ガン予防、肩こり、腰痛)だそうです。
生理学の先生だった祖父が「膀胱炎の時はビワの葉のお茶を飲みなさい」って言ってたので、ちょっと調子があやしくなったらすぐに飲むと1~2日で治まります。

三つ目は桑の葉。
主な成分はデオキシノジリマイシン(血糖値の抑制、咳止め、便秘解消)だそうです。

四つ目はドクダミ茶。
これもお庭から取れます。
主な成分はクエルチトリン(強い利尿作用、血管を柔軟に)、イソクエルチトリン(血液サラサラ)、カリウム(ナトリウム排出)、デカノイル・アセルアルデヒト(殺菌、蓄膿症)。
そのほかにも、毛細血管の強化、膀胱炎予防、高血圧予防、冷え症などに効果があるそうです。

うちではひとつのお茶を飲みすぎないようにブレンドしています。
今日は貧血気味だからヨモギ多めとか、今日は膀胱炎気味だからビワ多めとか。

わたしは薬害を早く体の外に出したいので利尿作用の強いこのような野草茶を意識して飲んでいます。体が動かしにくい分、汗で出にくいので。
痛いから痛み止め!と思っていたころは身体も冷えて、血液もドロドロでした。
いまはちょっとの不調はお茶でなんとかなる体になりました。

それぞれに香りや味が違うのも野草茶の好きなところです。
お気に入りの野草茶で体も元気になったらいいですよね。

12132
今日頂いたのは半分乾かしたぐらいの葉で、置いているだけでまだまだヨモギの香りがふわ~とします。
この香りだけで癒されますヽ(´▽`)/。


2012年12月10日 (月)

レモンを活用しよう!

今日から新しいカテゴリー『ぢゅん流健康法』を作りました。
いままでやってきたことを自分なりにまとめてみようと思いまして。
みなさんの参考になりそうだったらとてもうれしいです。

一回目の今日は『レモンを活用しよう!』です。

レモンというと、さわやかビタミンC!
そして夏に海辺でレモネード・・・って雰囲気ありませか?
なんだかとても昭和なイメージですけど。

でも冬にこそ力を発揮する手ごろなアイテムなんです。
とても殺菌力の高いレモン。
風邪予防には最適です。

外からはスプレーを作って空気に散布し、ウイルス、風邪を撃退!
“血を動かす”というレモンの力は飲んでも食べても発揮されます。
リンパの流れを促したり、血行を良くするのはもちろん、血液自体を浄化する力が強いので、中からも風邪予防ができます。
そしてさわやかな酸味は、心にリフレッシュ作用と集中力を与えます。
受験勉強にもぴったり!

魂には“信頼”をもたらします。
混乱から解放され、自分を信頼する力を取り戻すサポートをしてくれます。

食べるならオススメはレモンラーメン
レモンが主役のご飯になります。


わたしは札幌で自律神経免疫療法を受けていたとき、ビタミンC点滴というのをやっていました。
体の中でコラーゲンや象牙質を作るたんぱく質があるのですが、これを構成するのにビタミンCは不可欠なんですね。
それでわたしの場合はたんぱく質が全然足りない状態だったので、この点滴でビタミンCを足すことによって、元気な細胞や骨を作ろう!ということになりました。
またそのころは薬によって血がドロドロに汚れている状態だったので、ビタミンCの浄化作用に助けてもらおう!ということでした。

ビタミンCっていろんな活躍をしてくれますね。
から揚げの付け合せも捨てるのもったいですよ~^^。
レモンで冬を乗りきりましょう。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ