2017年3月16日 (木)

あがいんおながわからの〜♪

ホヤ、知ってます?
東北の海の幸です。

わたしたち家族は宮城県に引っ越したとき、いっぱつで好きになりました。
その後、九州ではあまり手に入らなくて。

ほんとは夏の味覚ですが、今回は復興応援のページから、「あがいんおながわ」さんに注文しました。

全部冷凍で来たから、ひとつひとつ大事に解凍していただきまーす!

でも実は、同封されていた『ほや本』がいちばん気に入ってたりして(^-^)。






iPhoneから送信

2017年1月21日 (土)

カッコイイ〜〜!車イスバイク!

カッコイイ〜〜!!

先日、病院の駐車場に颯爽と入ってくるでっかいバイクを見ました。
それだけですでにカッコイイのですが、バイクから降りたのは車イスの方!

えっ!?えっ!?と思っている間にスッとスピーディーにロビーに入って行かれました。

車イスごと乗れるバイクを乗りこなす姿がこんなにカッコイイなんて。
不便を解消するというレベルではない、ステキなライフスタイル感に心を撃ち抜かれました(^o^)。

風のように去って行かれたので、写真の許可が取れなかったのですが、検索すると出てきました。

もっともっと、いろんな個性が街に溢れるといいなあ。

2017年1月14日 (土)

ストレス??

年末、夜、突然、ガキッと歯を食いしばり「痛ーーー!!」と言って目がさめるという症状が1週間続きました。

朝起きると左の奥歯だけ痛くて、モノがうまく噛めない。
歯磨きで触っても痛い。

歯医者さんに「どういうことかなあ?」と聞くと
「ストレスですね!」って。

「えっ!?ストレス!?それだけ?ストレスなんかないけどなあ」と思った日から、ピタッと止まりました。

どーゆーこと('ω')?

2017年1月 7日 (土)

山形ミッションコンプリート♪

夫の伯父が設計した山形県村山市の総合文化複合施設『甑葉プラザ(しょうようぷらざ)』。

7年前にできたのに、やっと今回訪ねることができました。

うん、オサレ。
随所にオサレ。
さすがやな(c" ತ_ತ)。

市民の憩いの場、どころではない賑わいだそうでなによりです!
明日は出初式のイベントがあるそうですよー♪




『甑葉プラザ』のHPもぜひご覧ください♪

2017年1月 6日 (金)

山形メシ♪

ただいま山形デイズ、満喫中です!

ごはんもモリモリ食べてます(≧∀≦)!



2016年12月28日 (水)

自閉症を知っていますか

自閉症を知っていますか?
「知っている」という言葉ってひどくあいまいですよね。
自閉症と名付けられた発達障害で脳の機能障害のひとつの病気である、ということは知ることはできても、本人が何に苦しみ、何が喜びで、家族は何が不安で、何が希望なのか、知らない。

病気や障害はみんなそうかもしれない。同じ病名でも苦しみや不安は違うし、同じ障害なんてひとつもない。

でも東田直樹さんの存在を知って、すこしだけ自閉症の世界を共有することができた気がした。

東田直樹さんは自閉症で作家だ。
このこと自体、自閉症をすこしでも知ってる人には奇跡!
『自閉症は文章なんか書けない。
言葉なんか交わせない。』
そう“知られて”いたから。
ほんと、“知る”って、いいかげんだよね。

彼が開いた突破口はある意味奇跡だし、それで変化が起きた人もいっぱいいるでしょう。
でも彼自身は自閉症の作家と言われることを嫌ってる。
そりゃそうだよね。
わたしも「リウマチのぢゅんさん」って言われるのは本意じゃないもの。

それでも人間社会って“知ってること”でくくるんだよね。わからないことに足を踏み入れるのは怖いから。

いや違うか。
“知らないと言うこと”が怖いのかもしれない。
知らないと思われるのは恥ずかしいから。
知ってるつもりのほうが楽だから。

先日、リハビリ室で初めて会うご婦人に「あなた、どこがお悪いの?」と聞かれた。
あまりにもストレートな質問で、スカッと気持ちがよかった。
その後、数分お話をしたけど、ご主人も今年手術をし、まだ痛くて寝たきりだそうだ。
わたしの情報をなんとか活かしたいという熱意が感じられる質問だった。

人ってさ、何歳になっても知らないことだらけなんだよね。
だから「知らない!教えて!」って、どんどん人の世界に入っていって、自分の世界を広げるほうが真実に近づけると思うのです。

“知ったかぶりの大人”にならない。
最近のわたしの目標です。

わたし的今年のまとめ

皆様、そろそろ仕事おさめでしょうか。
今年はどんな年でしたか?
わたし的な一年はこんな感じでした。

わたし的 『今年の漢字』
“ 福 ”
お正月に豪徳寺で招“福”猫を20匹買って、みんなに配ったら、“福”元先生に出逢い、手術が成功!

わたし的 『流行語大賞』
“ な~んにも考えないで下さい!”
リハビリの先生の言葉。足を一歩出すごとに考え込んでいたあの頃。この一言から壁が壊れ、できることが飛躍した。

わたし的 『今年イチ美味しかった料理』
“ 馬刺し ”
入院長くて生ものに飢えてましたからね~。熊本離れてからやっと食べられた熊本名物の味は格別だった。

わたし的 『今年イチうれしかった買物』
“ 足 ”
(≧∀≦)

わたし的 『今年始めたこと』
youtubeへの投稿。
手術後の経過を全国にいる先生に瞬時に見て頂けるシステムは、ほんとこの時代で良かったと思います。


わたし的ニュース番外編

わたし的 『幸せな芸能ニュース』
“ えとう窓口くんの結婚 ”
良かった良かった!

わたし的 『レコード大賞』
“ ごま♪ごま♪” by 野性爆弾クッキー
頭から離れないっていうか、気づくと口ずさんでいる

わたし的『アカデミー賞』とわたし的『文芸大賞』はノミネート作品無し。リハビリ三昧の一年で観ても読んでもないので。爆発的ヒット作もあるのに〜。

来年はどんな年にしましょうか。
そう、する!のです。
思いっきり、ベクトルを行きたい方向へグイッと向けて!

2016年12月21日 (水)

そういえばの話 体のプロ編

東京デイズで面白い出逢いがありました。
私の訪問リハビリの先生。

会った一回目で「この先生の知識と経験はすごいな!」というお話が聞けました。
で、先生何歳?って聞いたら、29だって!
すごい向上心、勉強家だね!

で、いろいろ話を聞くと、開業してて訪問リハビリはバイトだそうな!
「一人でやってると視野が狭くなるので、修行ですっ!」って。

で、最近、肩が痛いと泣いている夫に話してみると
「行ってみようかな~」というので、先生のルームに行ってきました。

12193
お話もじっくり聞いてもらいながら、たっぷり一時間施術してもらいました。
私はその間、ルームに鳴り響いている音楽にノリノリ♪だったので、二人の話はほぼ聞いてませんが^^。

ベッドが置いてある部屋とボールや鏡が置いてある部屋を行ったり来たりして、体を調整していました。
あ、もちろん撮影も記事にすることも許可頂いてまーす。

先生の目指すところは、治療よりも予防だそうで、悪くなる前に整えることで10年先、20年先の体がうまく使えるということをもっと伝えていきたいんだとか。
志、高いぞ!いいぞいいぞ!

ということで夫の今年の誕生日プレゼントはこれでした^^。



自分の体を知って、調整できる場所があると心強いですよね、

外崎生才先生のルーム
『Tono’s Room 』のHP










2016年12月14日 (水)

来年の手帳

東京から戻って、年賀状作りに没頭していたらあっという間に一週間以上過ぎてしまった。
ほんっと “ 師走 ” って良く言ったもんだ。

来年以降の予定も、ずんずんと押し寄せている。
鬼も大笑いでしょう。

私の新しい手帳は夫が選ぶというのが毎年の恒例です。

来年はコレ!

12142_2
うん!なかなかかわいいぞ。
ナイスセレクト!
そして、まっさらなノートにいの一番に書くのは夫の落書きというのもうちのしきたりである。
いろんなページにいろんなことが書いてある。

12141
立て!立つんだ、ジョー!的な(#^^#)?
今年中にあと3kg太りたいと思ってたけど、無理そうなので来年の一番目の目標にしたいと思います。


2016年10月 8日 (土)

まずは食うべし!

足のリハビリから、生活復帰のリハビリへ移行してきたので10月は東京の自宅で生活してみることにしました。
まずは一週間。

ヘルパーさんもお願いして準備万端なのですが、今回は家事も積極的にお手伝いしたいと思っています。

人間、なにをおいてもまずは食わねば!ということで、行く前に調理をしてみているものの出来上がったものがクッソまずいcrying
口に入れると「はあ~~~(`Д´)!?」って言いたくなる。
「なんでじゃい!!」とぶちぎれながらも、心当たりはいくつもあるので、ひとつずつ解決していくしかない。

心当たりその1  “7年のブランクで勘が鈍っている”
これは数をこなすしかないのでおいおい戻ってくるでしょう。
献立も“食べたいもの”ではなく“作れるもの”で考えるので、満足度が低い。

心当たりその2  “7分しか立っていられないので作業が細切れになる”
足の持久力がついてくればもうすこし段取りがスムースになるでしょう。
切っては休み、鍋に火を入れては休み、調味料を入れては休み、盛り付けの頃にはヘロヘロ。これも徐々に改善するでしょう。

心当たりその3  “握力、ピンチ力(指)が弱いので、包丁がうまく使えない”
どんな料理でも切り方ってすっごく大事なんですね。
“こう切りたいけど、こうなっちゃった”の連続で料理を進めていくと調味料など関係なくなるくらいまずくなるのね~。

心当たりその4  “握力、ピンチ力が弱いので、調味料が適量入れられない”
フライパンに油を入れたいけど、重い。
お鍋に醤油をタラッと足したいけど、キープする力が足りずドバっと出る。
回し入れたいけど肘が動かず一か所に入れちゃう。
これではね、やはり、味は変わってくると思う。

心当たりその5  “好きなお皿が使えない”
好きなお皿が重くて扱えない、好きなお皿が上にあって届かない、好きなお皿が下にあって届かない。
腕や手首の可動域が狭いので手が届く範囲が狭いです。
味は見た目もおおいに大事。

とまぁ、あげたらきりがないくらいの確固たる“まずくなる理由”があるのですが、自分の家ではひとつずつ改善していこうと思い、まずは“調味料を上手に入れられるように”、調味料入れを買い直しました。

ポイントは、わたしの腕力でも持ちあげられる大きさであること。
わたしの指の変形でもホールドできる形であること。
全部、手元の一か所に置いておけるサイズであること。
以上を踏まえて購入したのがこちら。

108
あら♡ かわいいじゃないの~♪(ニトリで購入)
液体用4つと粒用2つ。
フタある方がいいとか思うけど、私の場合、そのフタを開けるのも一苦労なのでそこで時間をとられると“7分の壁”が迫ってくるしね。
ここはひとつ、“わたしが使いやすい”に特化しました。
これで調味料に関するストレスは解決できたはず。
あとはおいおい改善方法を探っていきます。

それにしてもウルトラマンってすごいな。
3分で地球守っちゃうんだもんね。
「7分あるなら地球2個守れるよ。」って言われちゃいそうhappy02




より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

my blog リスト

無料ブログはココログ

ウェブページ